茅ヶ崎版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

「海の厄介者」を美味に カスザメを調理し活用

社会

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
懇親会で刺身などに調理して味わった(左)、茅ヶ崎漁港にあがったカスザメ
懇親会で刺身などに調理して味わった(左)、茅ヶ崎漁港にあがったカスザメ

 このほどレストランなんどき牧場(今宿)で開催された茅ヶ崎商工会議所サービス業部会主催の「ふれあい懇親会」で、「カスザメ」の料理が提供された。これは、茅ヶ崎漁港に2月下旬にあがったカスザメを、同店で調理したもの。

 九州地方などでは食されることがあるものの、多くの地域では雑魚として廃棄されることが多いカスザメ。茅ヶ崎沖でも漁網に偶然かかった際に活用できずにいたことから、同店の横山貢代表が「”海の厄介者”のカスザメも美味しく調理して提供したい」と考えた。

 カスザメは、この日振る舞われたちがさき牛や地場産野菜などの地元食材を使った宴会料理の一部としてテーブルに。刺身や湯引き、唐揚げなどで提供され、参加者は「初めて食べたが身が締まっていて美味しい」と驚きの声をあげていた。

 横山代表は「地域の資源として活用し、新たな価値を見出していきたい」と話した。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

褐炭由来の水素でドローンデモ飛行

新たに80人の感染を確認

新型コロナ

新たに80人の感染を確認 社会

9月24日号

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル 社会

高田在住のコールダック

9月24日号

就農10年「安定経営できてる」

就農10年「安定経営できてる」 経済

市内初の新規営農者 石川正人さん

9月24日号

深まる秋に花の便り

「コンテンツ大賞」に参戦

「#ちがすき」

「コンテンツ大賞」に参戦 社会

読者投票9月25日から

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook