茅ヶ崎版 掲載号:2018年6月15日号
  • LINE
  • はてぶ

「プチトマト」に想い託して 絵本作家 おおいじゅんこさん

社会

著書を手に持つ大井さん
著書を手に持つ大井さん
 松が丘在住の絵本作家、大井淳子(ペンネーム:おおいじゅんこ)さん(49)の絵本『プチトマトのぷーちゃん どーこかな?』が、5月に出版された。4年ぶりの新刊出版に至るまでの想いを聞いた。

 プチトマトのぷーちゃんを主人公に、鮮やかで温かいイラストと、思わず声に出したくなるリズミカルな言葉が楽しい絵探し本。大井さんの作品は、代表作『ちびころおにぎり』シリーズをはじめ、食べものが登場するものが多い。自他ともに認める「食いしん坊」らしい絵本だ。

 東京芸術大学大学院、文房具デザイン会社を経て1997年にデビューし、『たねのはなし』で星の都絵本大賞を受賞。これまで17作を発表している。待望の新刊を眺め、「色々あったね」と大井さんはしみじみと振り返る。

事故乗り越え4年ぶり新刊

 4年前の夏、交通事故に巻き込まれた。一命は取り留めたが、頭蓋骨骨折などの重傷を負い、約1カ月入院。自宅に戻った後も、目まいや頭痛が続き、1年間は外出もままならなかった。「今ね、匂いが分からなくなっちゃっていて」。異変を感じたのは、術後初めてのシャワー。ふと、ボディーソープの匂いが分からないことに気が付いた。医師からは”命と引き換えと思って”――。「確かにそうなんだけど、大好きだった料理がつまらなくなっちゃって」とこぼすも、「今も食いしん坊は変わらない」と朗らかに笑う。

 一方、昨年には10年来の編集者が海外へ旅立ち、別れを告げた。絵本作家は、特に編集者と二人三脚で創作に臨むことが多いという。『ぷーちゃん』のアイデアも、「お野菜の本を作りましょう」という前編集者の言葉から生まれたものだった。「トマトが苦手な子がトマトと仲良くなるきっかけになれば嬉しいですね」とにっこり。

 今回初の試みとして、新編集者のアイデアで、巻末に絵本の手遊び歌の楽譜を掲載した。「新しい編集者さんも、とても良い方。心機一転頑張る」と大井さん。自身も2人の子どもの母親として、寝る前など絵本を読み聞かせていた思い出がある。今回の作品にも、遊び心で子どもたちが大好きだった絵本のオマージュを取り入れた。「大人も子どもも一緒に声に出して、絵本とともに過ごす時間を楽しんでほしい。その中の一冊に加えてもらえたら」

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6件

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パステル画歴40年の集大成

パステル画歴40年の集大成

坂井京子さんの個展開催中

9月15日~11月12日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク