茅ヶ崎版 掲載号:2018年9月28日号 エリアトップへ

10月1日に市民文化会館のこけら落とし公演で指揮を務める 上野 正博さん 本村在住 52歳

掲載号:2018年9月28日号

  • LINE
  • hatena

現場にこだわるマエストロ

 ○…リニューアル初日に「神奈川フィルハーモニー管弦楽団記念演奏会」でタクトを振る。「新しくなったホールの響きが楽しみ」と期待を寄せる。文化会館に立つのは、第九演奏会や市制60年の神奈フィル公演以来約10年ぶり。「いらっしゃるのは抽選で選ばれた市民の皆さん。普段クラシックに馴染みのない方も気軽に楽しんでもらえれば」

 ○…浜見平出身。「普通のサラリーマン家庭だったが、高度成長期で一家に一台ピアノがある家庭が増え、5歳の時に習い始めた」。父の転勤で北海道に転校した小4の時、大学のオーケストラが演奏に来た際、指揮を体験する機会があり真っ先に手を挙げた。「転校したばかりでただ目立ちたくてね」と笑顔を見せる。初めて指揮をしたその日のことは今も忘れない。

 ○…横須賀で過ごした中学時代は、合唱祭で指揮を担当。高校では吹奏楽部でオーボエなどを演奏しつつ指揮も務めた。その頃鑑賞した演奏会で、「奏者たちが指揮者を見る真剣なまなざしや、オケの一体感に心を打たれた」。指揮者を志し、東京藝術大に進学。「現場にこそ学びがある」と持ち前の行動力で学外のオーケストラの練習場へ足を運び続けた。結婚後、30歳でベルリンに留学。国内主要オケに客演してきたほか、オペラ指揮者としても活躍。東京藝術大や東邦音楽大で教鞭を執り、後進の育成にも励む。

 ○…妻と大学生、高校生の息子の4人家族。「息子たちはバリバリの理系。得意なことを伸ばしてほしい」と個性を尊重し、自身の目標は「生涯現役」だ。「人の琴線に触れるのは手間暇を掛けたもの。演奏会には、イヤホンで聞く音楽とは全く違う感動がある。奏者の息づかいを全身で感じてもらいたい」。情報が溢れ便利になった今だからこそ、現場で伝えたい音がある。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

原 俊一さん

5周年を迎えた「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館友の会」(丸博友の会)事務局長

原 俊一さん

東海岸北在住 73歳

9月17日号

石田 省三郎さん

神奈川県美術展・写真部門で準大賞を受賞した

石田 省三郎さん

白浜町在住 75歳

9月10日号

千葉 雅英さん

藤沢税務署長に7月、就任した

千葉 雅英さん

横浜市在住 60歳

9月3日号

本柳 とみ子さん

オーストラリアの学校事情をまとめた『コアラの国の教育レシピ』を出版した

本柳 とみ子さん

菱沼海岸在住 67歳

8月27日号

横溝 さやかさん

ともいきアートの象徴絵画を制作した

横溝 さやかさん

市内在住 34歳

8月20日号

大森 正也さん

競技としてのSUPを広める活動をしている

大森 正也さん

本村在住 27歳

8月13日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook