茅ヶ崎版 掲載号:2018年10月5日号 エリアトップへ

道の駅 用地取得難航し開業延期 2022年3月のオープン目指す

社会

掲載号:2018年10月5日号

  • LINE
  • hatena

 茅ヶ崎市は9月26日、来年7月のオープンを目指して柳島向河原付近で整備を進めている「道の駅」の開業時期が2年半ほど遅れ、2022年3月になる見通しと発表した。用地取得などが予定通り進んでおらず、市では地権者への交渉と並行して、周辺道路の整備などを前倒しで進めていく考えだ。

 道の駅建設予定地の柳島向河原付近は、国道134号線と鉄砲道に挟まれた三角地帯で、周辺に「柳島しおさい公園」「柳島キャンプ場」「柳島スポーツ公園」が点在するエリア。圏央道の一部であるさがみ縦貫道路(新湘南バイパス)の茅ヶ崎海岸インターチェンジからも近く、市では箱根や江の島方面への来訪者を「茅ヶ崎に滞在させる」絶好の契機として捉え、整備を進めてきた。

市「粘り強く交渉する」

 整備予定の敷地面積は1万7644・25平方メートル。このうち、1万4433・82平方メートルを買収する予定で、約95パーセントが取得済み(9月26日時点)。地権者は全体で約60人。

 もともと、用地取得は今年3月末までに完了する予定だった。しかし、用地は農地で、地権者のなかには「このまま耕作を続けたい」と訴える人もおり、市では来年夏頃までを目途に、粘り強く交渉を進めていきたいとしている。

 これと並行して、今年度中に盛土や造成工事、周辺道路の改良工事が開始される予定。2020年度から建築工事が始まり、2022年3月の開業を目指す。

 市・道の駅整備推進担当課は、「まずは1年かけて用地取得の賛同をいただけるよう、交渉を全力で進めていきたい」と話した。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

一中生が男女で優勝

全国中学柔道大会

一中生が男女で優勝 スポーツ

ともに最重量級制す

9月17日号

「茅ヶ崎の製糸場」に迫る

「茅ヶ崎の製糸場」に迫る 文化

「丸博友の会」5周年企画

9月17日号

最年少でW杯代表入り

フットサル

最年少でW杯代表入り スポーツ

堤在住・毛利元亮選手

9月10日号

市民参加で郷土史研究

「ゆかりラボ」10月スタート

市民参加で郷土史研究 文化

9月10日号

10月末接種完了目指す

新型コロナワクチン

10月末接種完了目指す 社会

対象年齢を「12歳以上」に

9月3日号

午前中で授業切り上げ

市立小中学校

午前中で授業切り上げ 教育

部活動も原則休止

9月3日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook