茅ヶ崎版 掲載号:2018年11月23日号 エリアトップへ

幼稚園自慢の「恵泉汁」 親も受け継ぐ「食育」の思い

教育

掲載号:2018年11月23日号

  • LINE
  • hatena
調理する保護者らと完成した恵泉汁
調理する保護者らと完成した恵泉汁

 恵泉幼稚園(中海岸)は1935年に創立した市内最初の幼稚園。運動会などと並ぶ同園の人気行事が「恵泉汁の日」だ。PTAが子どもたちのために作る園オリジナルのレシピには、初代園長の幼児教育に対する思いが込められていた。

 11月13日、園内の調理室はPTA役員とクラス代表の保護者28人で朝からにぎわっていた。野菜を刻むリズミカルな音、漂ってくるおいしそうな匂いに釣られて、子どもたちが待ちきれずのぞきにくる。園秘伝のレシピで作られる「恵泉汁」はとてもシンプル。みじん切りにしたタマネギ・キャベツ・大根・人参・サツマイモ・ベーコンと豚ひき肉を炒めた後に煮込み、味噌で味を調えて完成。昼食に登場すると、「大好き。おかわりする」「ずっと待ってたんだ」と、子どもたち。それを眺める保護者、教職員も笑顔がはじける。

食を通じた交流と学び

 同園の創立者で初代園長の高橋誠一氏は医師でもあり、幼児教育における心と体の健康の関係性を重要視していた。当時の幼稚園ではお弁当が主流であったが、食を通じた交流と教育への思いを込め、創立当初から週1回給食を提供。家庭教育の面から、園の栄養士と共に保護者らが交代で参加し、調理を行っていたという。その際に提供されていたのが恵泉汁。現園長の大森美保子さんは「給食提供時はまだ名前がなく、平成に入り週1回の給食が終了しお弁当に移行した後、園のバザーでふるまわれるようになった際に『恵泉汁』と呼ぶようになりました」と説明する。バザーが無くなった際「味と思いを継いでいきたい」という保護者の声があがり、年に1回秋の収穫に合わせ、園児らに恵泉汁を振舞う「恵泉汁の日」がスタートした。

 今年は計400人分を約2時間かけて作り上げた。PTA副会長の肥田木さな絵さんは、自身と母親も卒園生。「苦手な食材も皆で食べる恵泉汁だと大丈夫という子も」と微笑む。夫と義母が卒園児だという会長の仁井田真由美さんは「家でも作っていて、夫も約40年前の味を思い出すよう。ほかの園ではない行事。続いてくれればうれしい」と話した。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

「怒りの本質」を学び、知る

「怒りの本質」を学び、知る 社会

2月15日 アンガーマネジメント講座 

1月14日号

ドーム型のオブジェ登場

江の島ヨットハーバー

ドーム型のオブジェ登場 社会

1月14日号

花のフォトスポット出現

花のフォトスポット出現 文化

茅ヶ崎産の花き集結

1月14日号

新成人が門出迎える

2年ぶりの会場開催

新成人が門出迎える 文化

1月14日号

男女の視点で防災力アップ

男女の視点で防災力アップ 社会

いこりあで1月24日

1月14日号

えぼし座が出演者募集

えぼし座が出演者募集 文化

最新情報・エントリーはHPから

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook