茅ヶ崎版 掲載号:2018年11月30日号
  • LINE
  • hatena

茅ヶ崎市文化団体協議会主催の明治・ハワイ移民150年記念講演会で講演する 橋本 正一(法名釋正信)さん 今宿在住 62歳

「お寺って楽しい」

 ○…12月2日(日)の講演会で、自身がハワイの寺で住職を務めた経験をもとに、現地の暮らしに溶け込む「お寺」や文化活動などを講演する。住職を務める来恩寺(今宿)で掲げる「楽しくなければお寺じゃない」のスローガンもハワイの体験が元。「ハワイではお寺は、遊びに行く場所。もっと気軽な距離でありたい」と屈託ない笑顔を見せる。

 ○…兵庫県・教泉寺に生まれる。修行中に友人がアメリカの寺院へ配属されると聞き、持ち前の好奇心が発動。「自分も国外へ」と、海外旅行未経験ながら重ねた修行が認められ、現地からのスカウトを経て、1983年にハワイ・カウアイ島のコロア本願寺に住職として配属された。

 ○…現地での法話は全て英語。「文化や考え方の違いに、日々驚きと発見の連続」という中、特に印象深いのが「病院見舞い」。病院付きの聖職者として、毎週入院患者を訪問し悩みなどを聞く活動で、「日本では、聖職者が病院に現れるのは死期間際。宗教は“生きている自分”を救うものという、ハワイならではの感覚でしょうね」としみじみと振り返る。

 ○…帰国後、函館、築地本願寺を経て1991年に茅ヶ崎で自身の寺を開いた。「お寺同士も良い関係でいたい」と、組長を務める浄土真宗本願寺派・鎌倉組で寺対抗のボウリング大会も主催する。球技全般を好んで嗜むが、観戦に関しては特に「阪神タイガース」に熱を上げる。1985年の球団史上初の日本一の動向を知るためにハワイで声をかけた観光客が、現在の妻。夫婦二人三脚で寺を運営し、3人の子どもたちはそれぞれの道を歩んでいる。「阿弥陀様の教えでは、喜びも苦しみも悲しみもすべては『ご縁』。国や文化を越え、より多くの方とご縁を結びたいですね」

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

堤 沙耶香さん

「第6回HBA/KOKUBUカクテルコンペティション」で初優勝した

堤 沙耶香さん

12月14日号

大澤 秀夫さん

子どもたちに本を贈る「サンタ・プロジェクト」の発起人

大澤 秀夫さん

12月7日号

山本 幹雄さん

中学校美術作品展の中心企画者として、40年以上携わってきた

山本 幹雄さん

11月23日号

杉崎 直人さん

茅ヶ崎市私立幼稚園協会の会長を務める

杉崎 直人さん

11月16日号

有村 幸三さん

「南湖 ザ ミュージアム」の企画運営を行う「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館」(丸博)運営部会員を務める

有村 幸三さん

11月9日号

柴田 功一郎さん

競輪で5年半ぶりに優勝を飾った

柴田 功一郎さん

11月2日号

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク