茅ヶ崎版 掲載号:2019年1月11日号 エリアトップへ

全国高校駅伝 ミサンガ繋いだ吉村・小谷さん 力石君は来年のリベンジ誓う

スポーツ

掲載号:2019年1月11日号

  • LINE
  • hatena

 昨年末の全国高校駅伝(都大路)で、茅ヶ崎在住の吉村玲美さん(白鵬女子3年)と小谷真波さん(同2年)、力石暁君(鎌倉学園2年)が師走の京都を駆け抜けた。

 神奈川代表として2年連続出場を果たした白鵬女子(横浜市)。その中心を担うのが、エースで主将の吉村さん=美住町=であり、成長著しい小谷さん=松浪=だ。

 前年に続き、エースが集う1区(6Km)に起用された吉村さんは、2位集団でレースを進めた。勝負を後半の登りと捉え、残り1Kmからスパートを仕掛けた吉村さんは、11番目(19分47秒)に中継所へ飛び込んだ。1年前より3秒、区間順位も1つ上げた吉村さんだったが、「登りで甘さが出た。もう1回走りたい」と悔しさを滲ませた。

 エースが繋いだ襷(たすき)は2区以降順位を落とし、27位でアンカー・小谷さんへ。2番目に距離の長い5区(5Km)を任された小谷さんは、前のチームを次々と抜き去り、ゴールの西京極陸上競技場に入ってからも2人をかわしてフィニッシュ。区間13位(16分27秒)、5人抜きの快走でチームを22位に押し上げた。個人の大会も含め今回が全国デビュー戦となった小谷さんは、「緊張したけれど楽しかった」とゴール後に目を輝かせた。

 今大会、白鵬女子の選手たちはミサンガを手首に巻いた。出場唯一の3年生・吉村さんが「自分の思いを編み込んで来年に繋げてほしい」と手作りし、大会前に後輩たちにプレゼントした。エースの思いを右手首に宿して好走した小谷さんは、「来年は1区を走れる選手になりたい」と吉村さんの後継に名乗りをあげ、強豪校の躍進を誓った。

歴史刻んだ一員

 白地に赤のユニフォームが初めて都大路を疾走した鎌倉学園。そんな記念すべき大会で、力石君=松林=は2年生ながら留学生や準エースが揃う3区(8・1075Km)に登場した。

 1・2区で波に乗った鎌学は、6位で力石君へ。周囲の速い選手に惑わされず、「最初は抑えて入った」。しかし、なかなかペースがあがらず、汗もかかず。順位を12位に下げて襷をリレーした。区間32位(25分22秒)。全国でも「いつも通り」を誓った力石君だったが、「体が冷えていて体温調整に失敗。チームに申し訳ない」と視線を下げた。

 鎌学は初出場ながら16位に。力石君には来年もある。環境への対応力を養い、目指すは都大路でのリベンジ。「強くなりたい」。2年生ランナーは渇望を力に変える。

苦しい走りとなった力石君
苦しい走りとなった力石君

ブランチ茅ケ崎3 OPEN!

10月29日(金)AM10:00 NEW OPEN!詳しくはWEBサイトへ

https://www.branch-sc.com/chigasaki/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

ダンス楽しみ約40年

ダンス楽しみ約40年 スポーツ

「春女苑ちがさき」

10月22日号

木版画の個展開催

木版画の個展開催 文化

カフェギャラリー街路樹で

10月22日号

3人の新規感染を確認

新型コロナ

3人の新規感染を確認 社会

10月22日号

クロッシーマルシェ

クロッシーマルシェ 経済

11月4日 幸町で

10月22日号

「#ちがすき」へ投票を

日本地域情報コンテンツ大賞

「#ちがすき」へ投票を 社会

10月26日午後6時まで

10月22日号

ユーモアたっぷり五十三次

ユーモアたっぷり五十三次 文化

藤澤浮世絵館で企画展

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook