茅ヶ崎版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

市教育委員会の教育長に就任した 竹内 清さん 美住町在住 62歳

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena

”自ら学ぶ心”を大切に

 ○…4月1日付で、茅ヶ崎市教育委員会の教育長に就任した。モットーは『自ら学ぶ心を大切にする』。学び得た知識は生きる力となり、コミュニケーションのツールにもなる。子どもたちや保護者、市民の学ぶ意欲が生涯にわたり拓けていくことを願い、「全市民が本領を発揮できるような教育行政とまちづくりに取り組んでいきたい」と力強くうなずいた。

 ○…5人兄妹の4番目として茅ヶ崎市で生まれ育つ。手先が器用で、壊れたおもちゃからモーターや豆電球などを外し、別の玩具に作り変えることが遊びの一つだった。中学生の頃に父を亡くし、それからは母を助けるように家事の一端を担った。苦手な美術を好きにさせてくれた教諭、就職か進学かで迷った際に背中を押し知恵を授けてくれた担任。大学4年の就職活動時にこれまでの出会いを振り返り、「人生の節目に恩師あり」と教諭を志した。そして、大学卒業後にアルバイトをしながら通信教育で教員免許を取得。柳島小で教諭人生をスタートさせた。

 ○…学校教諭のほか、市教委の教育指導担当部長などを歴任。梅田小の校長として定年を迎えた。「1番の思い出は」との問いに、すべてが大切と前置きした上で「特別支援学級の子どもたちと過ごした時間かな」と穏やかな笑顔をつくった。何事にも一生懸命取り組む姿に心打たれたといい、「幸せな時間だった」と目尻を下げた。定年後は、市福祉事業団つつじ学園の施設長を務めた。

 ○…妻と2人の子ども、義母の5人暮らし。趣味は日曜大工。自ら修理を重ねた自転車は14年の付き合いで、市庁舎への通勤も共にする予定だ。最近、80代の知人が大学へ通い始めた。「学ぶ心の素晴らしさを、ひしと感じた。私自身も成長しながら職務を全うしたい」

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

岡崎 文江さん

「田舎会」で郷土料理の指導を行う

岡崎 文江さん

堤在住 79歳

10月11日号

片桐 俊彦さん

茅ケ崎警察署長に9月に就任した

片桐 俊彦さん

十間坂在住 59歳

10月4日号

松島 恵利子さん

『義足と歩む』を出版した脚本家・ライターの

松島 恵利子さん

平和町在住 55歳

9月27日号

片山 誠史さん

「茅ヶ崎ジャンボリー」の実行委員

片山 誠史さん

元町在住 43歳

9月20日号

柳 賢一さん

金時山3000回、大山1000回、富士山100回登頂した

柳 賢一さん

赤松町在住 79歳

9月13日号

臼井 恵之輔さん

市内公立小中学校に絵画を寄贈した

臼井 恵之輔さん

下寺尾在住 82歳

9月6日号

金丸 泰山さん

茅ヶ崎初の少年少女国連大使

金丸 泰山さん

東海岸南在住 15歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク