茅ヶ崎版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

茅ヶ崎市保健所の所長を務める 南出 純二さん 茅ヶ崎在勤 63歳

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena

命あっての物種

 ○…保健所とは、地域住民の健康や衛生など、公衆衛生を支える公的機関のひとつ。茅ヶ崎市へは、2017年に全国で6カ所目となる保健所政令市への移行に伴い赴任。市内にある県衛生研究所と提携することで独自の衛生研究機関を持たない、全国で唯一の保健所という変わった存在だが「やり方は変われど、目的は変わらない」と職員らに厚い信頼を寄せる。

 ○…北海道生まれ、相模原市で育つ。湘南高校、信州大学卒後、神奈川県立がんセンターへ。当時はまだ「治らないがん」と言われていた食道がんを専門に、外科医として30年超、心血を注いだ。

 ○…印象的だった患者を聞くと「いつも目の前の患者さんに全力だったからなぁ」とポツリ。干草の中の針を探すより困難と言われるがん細胞の検査。術後の“再発”は正しくは“再発見”に近い。さらに「乱暴な言い方をすれば手術はケガ。食道がん手術の“ケガ”の規模なら全治3カ月から半年。予断を許さない」。食事をかきこみ、わずかな仮眠をとり、休みは月一で取れるか取れないか。難しい症例を前に額を突き合わせ協議を重ね、死亡率は少しずつ改善。次世代にバトンを託し「治らないがん」の看板が下ろされるのを見届けてから、臨床現場を離れ、保健所配属となった。

 ○…2人の子どもは独り立ちし、夫婦水入らず。休みの日はサイクリングや都内の美術館などにも足を延ばすが「空調管理された院内に長年いたので、お日様のあるうちに外に出ること自体が新鮮だった。夏は暑いし、冬は寒いんだよね」と笑う。アロハシャツに身を包みつつ「近年は服装だけでなんとかできる暑さじゃないから、空調なども活用して。公衆衛生は自分だけでなく社会をまもるもの。命あっての物種」と深くうなずいた。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

山田 清機さん

ノンフィクション『パラアスリート』を執筆した

山田 清機さん

浜須賀在住 56歳

1月17日号

三田(さんだ) 祥太郎さん

「2020年成人のつどい」実行委員長を務める

三田(さんだ) 祥太郎さん

東海岸南在住 20歳

1月10日号

小林 拓也さん

公益社団法人茅ヶ崎青年会議所(JC)2020年度理事長に就任した

小林 拓也さん

元町在住 39歳

1月1日号

伊藤 和明さん

12月23日に創業150周年を迎える、株式会社カギサンの5代目代表取締役社長

伊藤 和明さん

中海岸在住 58歳

12月20日号

城田 圭介さん

茅ヶ崎市美術館で12月14日(土)から個展を開催する

城田 圭介さん

本村在住 43歳

12月13日号

小谷 真波さん

全国高校駅伝(12/22・京都)に出場する

小谷 真波さん スポーツ

松浪在住 18歳

12月6日号

小島 潤一さん

道の駅から発信するオリジナルブランドのシンボルマークをデザインした

小島 潤一さん

横浜市出身 55歳

11月29日号

残暑お見舞い申し上げます

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク