茅ヶ崎版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

全日本小中学生ダンスコンクール 緑が浜小、三丸大サーカスが出場 来週19日 2度目の金賞目指す

スポーツ

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
東日本大会を突破した緑が浜小(上)と三丸大サーカス(左)
東日本大会を突破した緑が浜小(上)と三丸大サーカス(左)

 緑が浜小学校、三丸大サーカス(市内十間坂)が「第7回全日本小中学生ダンスコンクール」の東日本大会を突破し、10月19日(土)に都内で開催される全国大会に出場する。緑が浜小は2年連続、三丸は2年ぶりの金賞獲得を目指す。

 小中学生を対象に、学校単位で出場する「学校参加の部」と、ダンススクールが競う「オープン参加の部」に分かれ、全国各地のダンサーたちが集まる同大会。2チームは8月に都内で行われた東日本大会で金賞を獲得し、緑が浜小は3年連続4回目、三丸大サーカスは第1回大会から途切れることなく7回目の全国切符を手にした。

 小学生・学校参加の部に出場する緑が浜小は、『SMILE GREEN 20』をチーム名に4〜6年生20人で東日本大会へ。茅ヶ崎をイメージしてお揃いのアロハシャツを着用し、ヒップホップダンスで会場を盛り上げた。リーダーの齊藤まひなさん(6年)は、「みんな笑顔で踊り、お客さんにも楽しんでもらえたと思う」と振り返る。

 大会後には転入してきた児童がチームに加わり、メンバーは21人に。「1人増えてさらに楽しくなった。みんなで気持ちを合わせ、全国では東日本の時よりさらにお客さんを楽しませたい」と齊藤さんは意気込んだ。

東日本欠場のリーダー復帰

 小学生4人と中学生2人で構成する『三丸大サーカスfrom.B』は、中学生・オープン参加の部で東日本を勝ち抜いた。エアロビクスの要素を取り入れた演技は、アクロバティックな技を随所に盛り込み、審査員をうならせた。

 しかし、リーダーを務める水野有優海さん(梅田中2年)は、チームの演技を外から見つめていた。腰を痛めて欠場。後輩たちが掴んでくれた全国の出場権に「すごいうれしかった」と話す。大会3週間前には練習に復帰。「焦りはあるけれど、練習あるのみ。みんなとシンクロして金賞を獲りたい」と前を見据えた。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

松浦・松島さんに感謝状

松浦・松島さんに感謝状 教育

小中学32校に図書寄贈

11月22日号

市図書館で「むべ」配布

茅ヶ崎産の花を買おう

11月23日

茅ヶ崎産の花を買おう 社会

11月22日号

”産後ケア”の重要性知って

”産後ケア”の重要性知って 社会

多くの母親たち「利用したい」

11月22日号

サイバー犯罪から子どもたちを守る

サイバー犯罪から子どもたちを守る 社会

講座・申込受付中

11月22日号

勤労市民会館でクリスマス企画

藻谷浩介氏講演に380人

ローカルファースト研究会

藻谷浩介氏講演に380人 社会

パネラーに石破茂衆院議員も

11月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク