茅ヶ崎版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

「田舎会」で郷土料理の指導を行う 岡崎 文江さん 堤在住 79歳

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena

郷土の伝統 継承し伝える

 ○…県立茅ケ崎里山公園には昔の里の民家を再現した「谷の家」がある。開設の際、施設を有効活用するために立ち上げられたのが「田舎会」。不定期で季節の食材を使った料理を昔ながらの方法で作っている。土のかまどからポカポカと煙が立ち上る様は民話の世界そのもの。約20人のメンバーは普通の主婦ばかり。指導役として立ち上げ当初から関わっており「かまどの火おこしも、最初はおっかなびっくり。10年経って随分上達しました」と柔和な笑みを見せる。

 ○…平塚市片岡の米農家に生まれた。戦後の食糧増産計画で忙しい両親に代わり、5人兄弟の長女として手伝いに励む中、祖母から家事や行事の作法の一切を教わった。「粟のご飯が炊けたら一人前」と口癖のように繰り返されたが、「結局一度も満足に炊けなかったわ」と目尻を下げる。思い出深いのは蒸した赤飯。「地域のお祝い事でしか食べられなかったけど、本当に美味しいの」と口に手を当てフフフ。

 ○…結婚を機に茅ヶ崎市南湖へ。保育園を利用しつつ自身も保育園調理職として働き、さらには県の食生活改善推進団体や茅波会に所属。茅ヶ崎市学びの市民講師は初回から登録し、調理指導に尽力してきた。母親クラブわかば会では郷土かるたを制作。何足もの草鞋を履く生活ながら「皆が健康でいてもらうために」という気持ちはいつも変わらない。「気を付けているのはバランス良く食べることだけ」と謙遜しつつも「お陰様で家族に大病なし」と胸を張る。

 ○…たまの休みに行く旅行が息抜き。「国内旅行は郷土歴史家の夫の解説付き」と気恥ずかしげも幸せそうなほほ笑み。「日本には郷土料理などたくさんの伝統、良さがある。受け継ぎ、次の世代に伝えていきたい。それが私の夢なんです」

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

土屋 翔平さん

地元開催のラグビー社会人リーグに臨む

土屋 翔平さん

今宿出身 23歳

11月15日号

井上 光男さん

47都道府県のウォーキング大会に 出場し続ける

井上 光男さん

浜須賀在住 86歳

11月8日号

宮坂 久喜さん

茅ヶ崎断酒新生会の会長を務める

宮坂 久喜さん

菱沼在住 70歳

11月1日号

川上 彰久さん

公益社団法人 藤沢法人会の会長を務める

川上 彰久さん

藤沢在勤 69歳

10月25日号

片桐 俊彦さん

茅ケ崎警察署長に9月に就任した

片桐 俊彦さん

十間坂在住 59歳

10月4日号

松島 恵利子さん

『義足と歩む』を出版した脚本家・ライターの

松島 恵利子さん

平和町在住 55歳

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絶筆『珠玉』の足取りを辿る

絶筆『珠玉』の足取りを辿る

開高健 没後30年企画展

10月12日~3月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク