茅ヶ崎版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

道の駅から発信するオリジナルブランドのシンボルマークをデザインした 小島 潤一さん 横浜市出身 55歳

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena

茅ヶ崎は、宝物だらけ

 ○…数年前から茅ヶ崎の地域ブランディングに携わり、「茅ヶ崎らしさ」を模索してきた。市民向けのワークショップを開催したり、農家や事業者、学生など100人以上と意見交換し、その結果「茅ヶ崎のライフスタイルは宝物だらけ」と気が付いたという。海にも里にも街なかにも、そこに住まう人たちのこだわりが詰まっており、「茅ヶ崎ならではのゆったりな時間が流れている」ことに注目。それぞれのエリアの魅力を詰め込んだ『Choice!CHIGASAKI』と名付けたシンボルマークには、海だけではない北から南までの茅ヶ崎らしさを再発見するストーリーを込めた。

 ○…横浜市で生まれ育つ。幼少期から絵を描くことが好きで、カーデザイナーになるという夢を叶えるために、デザイン科のある工業高校に進学。学ぶうちにグラフィックデザインの奥深さに惹かれ、卒業と同時にデザイン会社に就職した。23歳で茅ヶ崎ゆかりの小説家・開高健が創業メンバーとして名を連ねる広告制作プロダクションの株式会社サン・アドに転職。20代の終わりに手掛けたサントリーのザ・カクテルバーが大ヒットし、そこから数々の広告賞を受賞。最近では、SEIKOやオープンしたばかりの横浜ハンマーヘッドを担当するなど、アートディレクターとして広告業界の第一線を走り続けている。

 ○…趣味は車。週末になると「どこかに出かけたくなる」といい、愛車のクラシックカーの屋根を開け、助手席に妻を乗せハンドルを握る。昔から134号はよくドライブしていたが、「浜降祭を知ったのは最近」という。「知れば知るほど伝えたい魅力の詰まった茅ヶ崎ならではの、オリジナルブランドが育っていってほしい」

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

斉藤 進さん

茅ヶ崎市バリアフリー基本構想推進協議会の会長を務める

斉藤 進さん

秦野市在住 71歳

1月14日号

望月 信史さん

公益社団法人茅ヶ崎青年会議所2022年度理事長に就任した

望月 信史さん

下寺尾在住 38歳

1月1日号

鈴木 善明さん

鳥獣保護管理員を務め、自然保護功労者として神奈川県から表彰された

鈴木 善明さん

堤在住 76歳

12月24日号

大西 裕太さん

「湘南ビジネスコンテスト」でスタートアップ賞を受賞した

大西 裕太さん

元町在住 33歳

12月17日号

遠山 敬史さん

松下政経塾の塾長を務める

遠山 敬史さん

東京都在住 66歳

12月10日号

佐藤 たゑ子さん

交通安全功労者として茅ヶ崎警察署から表彰された(一財)茅ヶ崎地区交通安全協会会長

佐藤 たゑ子さん

茅ヶ崎在住 70歳

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook