茅ヶ崎版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

茅ヶ崎商工会議所女性会第17代会長に就任した 金子 朋子さん 東海岸南在住 

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena

感謝の気持ち忘れずに

 ○…女性経営者の地位向上や商工業の発展を目的に、多彩な活動を続ける茅ヶ崎商工会議所女性会第17代会長に就任、「温故知新」を今期のスローガンに掲げた。「これまでの30年の歴史を新たな目で見て、耳で聞いて、前進させていくことが大切」と力強く語る。

 ○…証券会社を退職し、27歳でエステサロンをオープン。都内出身で地縁も少なく、不安を抱えてのスタートとなったが知人の勧めで茅ヶ崎青年会議所(JC)に入会、持ち前の明るさとさまざまな活動を通じて、人脈も徐々に広がった。JCを経て、女性会の一員となったのは8年前。「最初は例会や委員会への参加はあまり積極的じゃなかったんですよ」と苦笑い。転機は稲岡隆子前会長のもとで副会長を務めたことや創立30周年の実行委員長を務めたこと。「大変だったが多くのことを学んだ。大役を果たし、思わず涙がこぼれた」と振り返る。

 ○…「じっとできず、常に何かをしていたい性格」と、遊びも仕事も全力投球だ。趣味はゴルフで、テニスやランニングも欠かさない。元町で山野愛子どろんこ美容のエステサロン経営、「お客様の美のお手伝いをする仕事は私の天職」ときっぱり。好きな言葉は「感謝」。「お客様への感謝、人との出会いや繋がりへの感謝、常にこの気持ちを持っていたい」

○…「会のPRと会員拡大が責務。楽しい活動をしていけば、多くの人が興味をもってくれるはず」。女性の目線、感覚や感性を活動に生かすとともに、会議所青年部との交流をはじめ、今後は近隣の女性会との交流も深め、活動の輪を広げていく考えだ。コロナ禍ではあるが、「今できることを模索しながら、少しずつでも進めていく」と語るその視線は、次のステップを見つめる。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

中沢 明紀さん

4月から茅ヶ崎市保健所の所長を務める

中沢 明紀さん

茅ヶ崎在勤 65歳

6月5日号

あやの はじめさん(本名:嶌田 はるみ)

スケッチエッセイ集『くさぐさの記』を刊行する

あやの はじめさん(本名:嶌田 はるみ)

浜須賀在住 73歳

5月29日号

金子 朋子さん

茅ヶ崎商工会議所女性会第17代会長に就任した

金子 朋子さん

東海岸南在住 

5月22日号

山本 泰然さん

除菌水の生成装置を茅ヶ崎市へ無償提供した(株)フジプロ・社長

山本 泰然さん

浜竹在住 63歳

5月15日号

永島(えいしま) 雅美さん

茅ヶ崎で活躍する人や活動を応援する

永島(えいしま) 雅美さん

本村在住 67歳

5月8日号

早坂 幸一さん

「機動湘南グルメ市場」を企画した

早坂 幸一さん

ひばりが丘在住 57歳

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク