茅ヶ崎版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

「茅ヶ崎の藍染め」ブランド化へ 本村の佐野さんが染料・製品づくり

文化

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
芹沢の工房で藍の天然染料づくりや藍染めに励む佐野さん
芹沢の工房で藍の天然染料づくりや藍染めに励む佐野さん

 市内本村在住の佐野太紀さん(37)が、芹沢などの畑で栽培した藍の葉による天然染料づくりに成功し、畑近くに構える工房では藍染めによる製品づくりが本格化している。今後、ものづくりのアーティストや住民らとコミュニティをつくって衣類や小物などを製作し、『茅ヶ崎の藍染め』をブランド化したい考えだ。

 3年前から種の採取や種まき、藍葉の栽培まで、ひとり手作業で行ってきた佐野さん。今年4月からは仲間を募り、地元アーティーストら3人と藍づくりに汗を流してきた。栽培と並行して挑戦してきた藍の発酵染料「すくも」づくりにも成功。今季は2つの藍甕(あいがめ)に350リットルもの染料が仕上がり、つんと鼻につく独特の発酵臭が立ち込める工房では、コットンタオルや針子シャツなどへの染色が進められている。佐野さんは「発酵がうまく進み、上質な染料に仕上がった。染まり具合も良好で、1回染めでも十分きれいに染まっている」と笑顔で語る。

菌にも機嫌の良し悪し

 茶色に見える染料に布を浸すと深い緑色へ染まり、水洗いして空気に触れさせると、みるみるうちに鮮やかな藍色へ―。「菌にも機嫌があって、機嫌の良し悪しによって、仕上がりの色が違うんです。甕の中で菌が生きているんだなって分かるのが藍染めの奥深さですね」と目を細める。

 「江戸時代に庶民の着物の染め直しを行っていた『紺屋』の役割も果たしたい」と佐野さん。持ち込みの布や衣服を染める取り組み(コットン1g18円〜)のほか、グループ向けの藍染め体験も随時受付けている。「創作活動や体験したい方は気軽に声を掛けて。茅ヶ崎の藍染めを盛り上げていけたら」。詳細は『Saiai Studio』で検索または【メール】hpspjp3@gmail.comへ。

▲藍甕に浸した直後は深い緑色
▲藍甕に浸した直後は深い緑色
▼200坪の畑で藍を栽培
▼200坪の畑で藍を栽培

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

フラ通し地域貢献

ホノルルウィーク

フラ通し地域貢献 文化

明治安田生命で教室

10月23日号

海と人想うマーケット

畑一面、ピンク色に

畑一面、ピンク色に 社会

藍の花が見ごろ

10月23日号

1万のろうそく夜彩る

湘南Candle

1万のろうそく夜彩る 社会

11月8日まで

10月23日号

市内から仏像3点

市内から仏像3点 文化

県立博物館で展示

10月23日号

若年世代からのお金の運用学ぶ

オンライン講座

若年世代からのお金の運用学ぶ 社会

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク