茅ヶ崎版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

茅ヶ崎市 市民税 38億円減収見込み

政治

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena

 来年度の予算編成にあたって茅ヶ崎市は10月6日、市民税収入が前年に比べて約38億円減収する見込みであると明らかにした。

 新型コロナの影響により、各世帯の収入減による個人市民税や、法人市民税の減収が要因。今回の減収額は、国が発表した4〜6月期の国内総生産(GDP)が前期比マイナス7・9%だったことを参考に、市が算出した。市財政課は予算編成を前に、「過去に例を見ないくらい厳しいものとならざるを得ない」。来年度の茅ヶ崎市の38億円の減収見込みに対し、周辺自治体では藤沢市が63億円、寒川町が8億円程度としている。

来年度事業は大幅見直しへ

 茅ヶ崎市は、9月に公表した「2021年度事業実施方針(案)」 で、既存事業の大幅な見直しを行うことを示している。来年度に実施する主なものは、まちの機能維持に必要不可欠な「義務的事業」と、感染拡大防止や経済・生活対策を含めた「ウィズ・コロナ関連事業」。その一方で、新規の政策的事業は実施せず、市が単独で交付する補助金事業は休止または廃止を原則としている。

 市の財政は硬直化が進んでおり、人件費や扶助費、公債費などの経常的経費の割合「経常収支比率」は一昨年度は97・7%、昨年度は99・4%と自由に使えるお金は残り0・6%まで縮小している。市財政課は、「財政は年々厳しくなってきているが、来年度はこれまでと比較にならないほど厳しい。コロナによる危機を乗り越えられるよう、市民のみなさんにもご理解をいただきたい」と話した。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

募金86万でマスク製作

市観光協会

募金86万でマスク製作 社会

小売店などに配布へ

10月16日号

エメロードを街歩き

エメロードを街歩き 文化

21日 ハスキーズ集合

10月16日号

小中学生の作品展

小中学生の作品展 文化

ウェブ上で10月30日まで

10月16日号

新聞紙で生まれるアート作品

コラージュ作品の展示

コラージュ作品の展示 文化

SZKギャラリー 18日まで

10月16日号

野菜の直売会

野菜の直売会 経済

まちスポで10月25日

10月16日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク