茅ヶ崎版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

ワークスペース各地で誕生 多様化する働き方に対応

経済

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
テレワーク中の男性(MOKICHI Baker‘s Cafe)
テレワーク中の男性(MOKICHI Baker‘s Cafe)

 働き方改革の推進や新型コロナウイルスの感染拡大によって、働き方の多様化が進んでいる。テレワークを導入する企業も増えており、コワーキングスペースやシェアオフィスといったワークスペースの需要が高まり、市内でも各所で整備が進められている。

 テレワークとは、ICTを活用し、時間や場所を有効に活用する柔軟な働き方のこと。

 効果は多岐にわたるが、企業側は、通勤減少やオフィスの縮小などによるコスト削減、優秀な人材の確保、非常時の事業継続などが挙げられる。従業員は、家族と過ごす時間や自己啓発などの時間が増加し、ワーク・ライフ・バランスの実現が可能になり、その効果は高い。

法人登記や大型モニター

 茅ヶ崎市内でも、法人登記が可能だったり、大型モニターが設置されているなど、さまざまな機能を持ったワークスペースが誕生している。

 2017年に開設した「コワーキングスペース チガラボ」(新栄町13の48)では、オープンな空気感の中で定期的なイベントなどで人と人がつながる仕掛けを作りを積極的に行っている。「Yume Space Chigasaki」(幸町21の34)は、開設1年でシェアオフィスなどの固定会員が満席となり、2号店を来年市内に出店予定だ。他にも、「FG―Space」(十間坂1の4の2/臨時休業中)や「茅ヶ崎Login」(幸町3の26)などがある。

 さらに、「COPLACE」(共恵1の1の5)、「Takasuna BASE」(東海岸北1の2の8)の2施設が12月下旬のオープンに向けて準備を進めている。

 また「MOKICHI Baker,s Cafe」(元町13の1)は、利用者の声を反映し、店内の一部をワークスペースとして開放(フリードリンク付1時間500円〜)している。もともと店のファンで、これまで何度かテレワーク利用したという男性は、「働く場所を変えることでよりクリエーティブになれる。好きな場所だと、仕事もはかどることが分かった」と話している。

△COPLACE
△COPLACE
△Takasuna BASE
△Takasuna BASE

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「祭」テーマに蔵出し展示

「祭」テーマに蔵出し展示 文化

4大祭り中止受け

6月18日号

「1年1組」の隣も「1組」

「1年1組」の隣も「1組」 教育

香川小が教室を配置転換

6月18日号

消防署に「強力助っ人」

消防署に「強力助っ人」 社会

接骨院が筋トレ器具寄贈

6月11日号

市内2チーム関東へ

サッカーU―15

市内2チーム関東へ スポーツ

シュートは初の県王者に

6月11日号

関住職、不動明王を手作り

関住職、不動明王を手作り 文化

元漆芸家の技術生かす

6月4日号

鶴嶺高生が議会に陳情

鶴嶺高生が議会に陳情 教育

図書館の本の帯作成を

6月4日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

7月1日開園!園児募集中です!

海老名市社家に企業主導型保育園が開園!年代別に3つの部屋で伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter