茅ヶ崎版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

サーフィン全国V 浜須賀小6年の岡野漣君

スポーツ

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
優勝楯を持ってにっこり
優勝楯を持ってにっこり

 高校生以下の日本一を決める「第28回ジュニアオープンサーフィン選手権大会」が11月14日に千葉県で開催され、浜須賀小6年の岡野漣君=写真=がキッズクラスで優勝を果たした。

◇  ◇  ◇

 例年20以上の大会に参加する岡野君だが、今年、コロナ下で開催されたのは今大会一つ。岡野君は「最初で最後の大会だから、勝ててめっちゃうれしい」と白い歯を見せた。

昨年のリベンジ果たす

 今春の緊急事態宣言後、日本サーフィン連盟(NSA)が主催する初の大会。キッズクラスには全国から24人が参加し、トーナメントで優勝を争った。

 競技時間は15分(決勝は20分)。波に乗る”ライディング”の技術を、2本の波の合計点で競う。

 1回戦は、波も調子も良く、この日大会最高点を叩き出した岡野君。2回戦も順調に勝ち進んだが、準決勝でピンチを迎えた。

 自然相手のサーフィンはプロでも波を読み誤る。波の見極めがうまくいかず、「ほとんど諦めかけてた」と岡野君。しかし残り15秒で、起死回生の波が来た。

 その後は波に乗り、決勝戦も2位を圧倒するスコア。昨年、同大会決勝で逆転負けを喫していた岡野君は「リベンジができてうれしい」と笑顔を見せた。

来年からはボーイズクラス

 父・文高さん(49)の影響で4歳からサーフィンに親しんでいた。始めて1年で大会入賞を果たすと、どんどんのめり込んでいった。今では登校前から下校後日没まで、毎日練習に明け暮れる。

 小学6年の岡野君は、今年でキッズクラスは卒業。来年から一つ上のボーイズクラスで戦う。「今のサーフィンじゃ勝てない。上手くなってもっと大きなサーフィンをしたい」と意気込んだ。

この日一番のライディングを見せる岡野君(NSA提供)
この日一番のライディングを見せる岡野君(NSA提供)

賃貸物件の管理募集中!

繁忙期を前に空室などでお困りのオーナー様は、お気軽にお電話ください。

https://www.inaoka-h.com/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「ロコチケ」第2弾発行へ

「ロコチケ」第2弾発行へ 経済

地元事業者の支援継続

1月22日号

「三丸大サーカス」が優勝

「三丸大サーカス」が優勝 スポーツ

全国ダンスコンテスト

1月22日号

孤独増すコロナ下の出産

孤独増すコロナ下の出産 社会

「当たり前」ができない

1月15日号

宣言下の時短営業始まる

宣言下の時短営業始まる 社会

公共施設も午後8時まで

1月15日号

茅ヶ崎の人口が最多更新中

茅ヶ崎の人口が最多更新中 社会

コロナ下の転入の影響も

1月8日号

帽子代、家庭負担に「待った」

帽子代、家庭負担に「待った」 教育

市内企業が小学校へ寄贈

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク