茅ヶ崎版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

年末インタビュー 「歌いたい、会いたい」 歌手・飯田舞さん

文化

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena
茅ヶ崎応援動画にも出演してくれた飯田さん(今年5月撮影)
茅ヶ崎応援動画にも出演してくれた飯田さん(今年5月撮影)

 新型コロナによって活動自粛を余儀なくされた音楽業界。タウンニュースが5月にリリースした茅ヶ崎応援動画『次はリアルで会いましょう!』=写真下=に楽曲提供してくれた、茅ヶ崎出身のシンガーソングライター・飯田舞さん(36)に、2020年を振り返ってもらった。

 --今年の音楽活動はいかがでしたか?

 「予定していたライブがほぼ中止となり、2月が最後になりました。こんなに歌わなかったのは、以前に活動休止した時以来。配信ライブも1回だけでした。昨年6月に茅ヶ崎市民文化会館で活動15周年のコンサートが終わり、活動のペースはゆっくりでライブも月1〜2本でしたが、休止してるわけでもないのにこんなにライブがないのは初めてでした。いくつかライブのお誘いもありましたが、コロナのためお断りしてきました」

 --ファンの方に会えないのはつらいですね。

 「歌いたい、みんなに会いたいと強く思う日がありました。一方で、いつになったらライブができるんだろう、コロナが怖いからライブはできないという気持ちが入り混じっていました」

 --地元・茅ヶ崎に思いを巡らせた曲『あたしの帰る場所』を提供いただいた「茅ヶ崎応援動画」は、多くの方に見ていただきました。

 「周りの人達からの反応もあり、うれしかったです。また、茅ヶ崎に住んでない方からは、茅ヶ崎に行ってみたいとの声もいただきました。楽曲提供ができてよかったなと思っています」

 --日常生活はまだまだ制限が続きます。

 「少しでも早くコロナが終息してくれることを願っています。病院へ行くのが怖かったり、誰かのお見舞いも行けなかったり。入院中の近しい人にも会えなくて、今年はもどかしい日々を過ごしていたので。とても悔しいし、悲しい気持ちになりました。同じ思いをしてる人がたくさんいると思います。できるだけ早く、終息に向かうことがみんなを元気にする最初の一歩だと思います」

 --2021年の抱負を聞かせてください。

 「新しい日々の生活、生活スタイルがあると思いますが、早く穏やかな日々に戻れるように、私も微力ながら細かい努力をしていきたいと思っています。今後のライブの予定はまだ何も決まっていませんが、新しいスタイルでのライブや配信など、前とは違ったやり方で歌をお届けできたらと思っています。いろいろなことに気をつけながらの毎日でストレスもたくさんあると思いますが、そんな時は飯田舞の歌をふと思い出して聴いてもらえたらうれしいです。また会える日を、楽しみに待っていてください」

※1年の最後に茅ヶ崎応援動画をご覧ください。次号1月1日号では、タウンニュースで制作中の動画「茅ヶ崎新スタンダード」を紹介します。

茅ヶ崎応援動画の1シーン、市民ら45人が参加した
茅ヶ崎応援動画の1シーン、市民ら45人が参加した

茅ヶ崎市堤 貸コンテナ利用募集

「タウンニュース見た」で1カ月分の賃料無料!2021年6月末までの契約で。

https://www.inaoka-h.com/

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

畑和希さんが優勝

県中学選手権

畑和希さんが優勝 スポーツ

陸上・女子800mで

5月14日号

SDGs意識し公園に植栽

松浪小

SDGs意識し公園に植栽 教育

次年度以降の継続見据え

5月7日号

来年4月からごみ有料化

来年4月からごみ有料化 社会

指定袋の購入が必要に

5月7日号

8日に「天才万博」開催

第一カッターきいろ公園

8日に「天才万博」開催 社会

子どもに夢持つ大切さを

4月30日号

アロハビズ始まる

アロハビズ始まる 社会

市役所で関連展示も

4月30日号

ウイグル人 茅ヶ崎で訴え

ウイグル人 茅ヶ崎で訴え 社会

「命を救わなければ」

4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter