茅ヶ崎版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

(PR)

四苦?八苦?の一年でした。

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena
無料葬儀式場美空
無料葬儀式場美空

 記者―今年は大変な一年でしたね。辻堂駅から広い歩道の並木道をゆっくり歩いて数分のメモリアルホール「美空」を運営する(株)平和堂典礼の代表と今年の話をした。

 代表―本当に大変な一年でした。「緊急事態宣言」や「ロックダウン」や「自粛警察」など、聞きなれない言葉も日常で飛び交う一年でしたね。最近は「マスク」を常用していますから、相手の表情も読めず、さらに「言葉が聞きづらい」ですね。買い物してもレジにはクチャクチャのビニールが垂れ下がっていて「レジの会計の金額が見えない」「金額は聞き取れない」「後ろには長蛇の列」、やむなくお札で会計しますから「小銭入れはパンパン」で、まさに、「四苦八苦」です。などとこじつけますが、四苦とは、「生病老死」ですから「生まれる苦しみ」「病の苦しみ」「老いる苦しみ」「死ぬ苦しみ」になります。

 言葉の前に「コロナ」とつけるとコロナ禍の中の出産から、死まですべて当てはまります。八苦は、「愛別離苦・あいべつりく・愛しい人と別れる」「怨憎会苦・おんぞうえく・憎い人に会う]「求不得苦・ぐふとくく・欲しいものが得られない]「五蘊盛苦・ごうんじょうく・人間の存在そのものが苦しみ]ですがこれも「コロナが原因で」とすれば当てはまりそうです。まさに今年は四苦八苦な一年だったと言ってもいいかもしれません。

 そんな中これから年末を迎えるわけですが、コロナの陰におびえて毎日「四苦八苦」では体が持ちません。どのような年末とお正月になるのでしょうか。ちなみに、四苦(4×9=36)八苦(8×9=72)を足して、108ですから、除夜の鐘の数という説もあります。

 余談ですが、浄土真宗のご本尊の阿弥陀佛には放射線状の光影(無量光)がついていますが、昔の笠を後頭部の方にずらしてかぶって前から見ると内側の骨組みが光景に見える事から「阿弥陀笠」と言いまして、帽子のつばを上げてかぶる事を「阿弥陀被り」といったものです。また、現代では平行に線を引く「あみだくじ」も、古くは放射線状に線を引いていたそうです。

 記者―本当に大変な一年でした。美空は式場使用料が無料である。こんな時期だからこそ、葬儀の心配がある人は相談しておこう。

■(株)平和堂典礼【フリーダイヤル】0120・59・6999

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台Ⅱ-2-41

TEL:0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

茅ヶ崎版のピックアップ(PR)最新6

「知らなきゃ損する相続のお話」

公開セミナー&無料相談会

「知らなきゃ損する相続のお話」

宅建協会湘南支部 5月27日に開催

5月13日号

販促・記念グッズに

オリジナルエコバッグ

販促・記念グッズに

5月13日号

始めるなら今!テニスで健康な体づくり

始めるなら今!テニスで健康な体づくり

新規入会キャンペーン 荏原SSC茅ヶ崎校(出口町)

5月13日号

2号店が元町にオープン

2号店が元町にオープン

「日本初」セルフ筋膜リリースサロン

5月13日号

税のセミナーと記念講演会

藤沢法人会だより

税のセミナーと記念講演会

5月13日号

金・銀・プラチナ買取強化

買取店わかば 藤沢店、平塚店で同時開催

金・銀・プラチナ買取強化

5月20日(金)まで 未使用テレカも強化中

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook