茅ヶ崎版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

【Web限定記事】希少種が越冬 14年ぶり「オツネントンボ」を確認 茅ヶ崎市萩園の民家敷地内で

文化

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena
14年ぶりに確認された「オツネントンボ」
14年ぶりに確認された「オツネントンボ」

 保護米「湘南タゲリ米」を栽培する「三翠会」のメンバ―の自宅敷地内(茅ヶ崎市萩園)で1月18日、越冬しているアオイトトンボ科の「オツネントンボ」のメスが確認された。

 学芸員の資格を有し、これまで茅ヶ崎の自然環境をについて、フィールドワークに基づく調査研究を積み重ねてきた岸一弘さんは、「成虫で越冬するのは、本種のほかホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボの3種だけ。オツネントンボは市内ではかなり稀な種類で、芹沢地区で2例の記録があるだけ。近年では2007年の記録なので、実に14年ぶりとなる」と解説している。

 18日の午前中、同会のメンバ―が自宅の塀に小枝と羽のようなものを見つけて、つまんでみたところ、イトトンボの一種であることを確認。真冬にもかかわらず、足がゆっくり動き始めたため、日なたに移動してしばらく様子を見ているとトンボは元気になり、ゆっくりと飛び去って行ったという。

 このトンボの様子を撮影し、岸さんに観てもらったころ、越冬した「オツネントンボ」のメスだということが判明した。「萩園でオツネントンボとは、驚きました」と岸さん。メンバーも「まさか自宅にいたとは。元気で越冬することを祈るばかりです。会えてとっても嬉しい気持ちになった」と語っている。

自宅の塀に止まっていた
自宅の塀に止まっていた
「足が動き出し、やがて飛んで行った」とメンバー
「足が動き出し、やがて飛んで行った」とメンバー

小清水仏壇店

お彼岸ご奉仕会開催中!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

コロナ禍で企業も茅ヶ崎へ

ITベンチャーの「ZENKIGEN」

コロナ禍で企業も茅ヶ崎へ 社会

サザンビーチ前にサテライトオフィス

2月26日号

帽子と横断旗 子どもたちに

帽子と横断旗 子どもたちに 教育

第一カッター、ウェブデモに感謝状

2月26日号

「かけっこ力」測ってみよう

「かけっこ力」測ってみよう スポーツ

28日 旧メガネックスで

2月26日号

2日続けて落語会

2日続けて落語会 文化

3月4日、5日 ハスキーズで

2月26日号

観光誘客ポスター完成

市観光協会

観光誘客ポスター完成 経済

コロナ収束後の来訪願い

2月26日号

エコバッグ作りませんか

自治会オリジナル

エコバッグ作りませんか 文化

今年度の活動を形に

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク