茅ヶ崎版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

新型コロナ体験談 「40度の発熱で意識遠のく」 市内在勤の2人に聞く

社会

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
療養中、毎日2回送られてくる「神奈川県療養サポート」からのLINE画面
療養中、毎日2回送られてくる「神奈川県療養サポート」からのLINE画面

 新型コロナに感染し、軽症、重症で隔離闘病を体験した、市内在勤の男性2人に話を聞いた。

40代男性・軽症

 昨年12月17日夜に37・5度の発熱があり、翌朝は喉の痛みも。夕方、医療機関を受診した際には38・5度まで上昇し、ドライブスルー方式のPCR検査を受けた。約30分後の結果は陽性。男性は「どこで罹患したか分からない」と戸惑った。

 ホテルを療養先に選択し、20日に送迎車で県指定のホテルへ。人影は無く、置いてある指示書に従い療養を開始した。

 療養中は、「神奈川県療養サポート」から送られてくるLINEで健康状態を確認した。解熱後、今度は味覚に異常が。塩味を強く感じ、弁当はほとんど手を付けられなかった。そんな中でも、クリスマスイブにはチキンとケーキが。「気が利いてる」と和んだ。

 後半は健康そのもので27日に帰宅。「処方薬は解熱剤などよくあるもの。結局コロナってなんだったんだろう」。男性は首をかしげた。

30代男性・重症

 昨夏に参加した会食でクラスターが発生。感染者の1人になった。

 7月31日、起床とともに発熱と倦怠感を感じ、「まさか…」とすぐに保健所に連絡。救急車で搬送され病院でPCR検査を受けるも、結果を聞く前に40・6度まで発熱し、意識がなくなった。

 目覚めた時は、酸素マスクを装着し、別の病院に転院した後だった。38・5度以上の高熱が2週間続き、「頭痛もあったし、髪も尋常じゃないくらい抜けた」という。

 男性が罹患した当時は、「『陽性者=悪』みたいな風潮があった」と振り返る。「心ない言葉をぶつけられたり、陰口も酷かった」。男性自身も「誰かにうつしていたら…」と不安になることも。「誰にでも罹患するリスクはある。そう思うことで許しを請うた」

 退院は8月21日。「街全体が風邪を引いているように活気がない。早い終息を願います」

左/療養先では無人で体温計などが配布された。右/クリスマスイブの弁当にはケーキやチキンも。※すべて本人提供
左/療養先では無人で体温計などが配布された。右/クリスマスイブの弁当にはケーキやチキンも。※すべて本人提供

ブランチ茅ケ崎3 OPEN!

10月29日(金)AM10:00 NEW OPEN!詳しくはWEBサイトへ

https://www.branch-sc.com/chigasaki/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

ダンス楽しみ約40年

ダンス楽しみ約40年 スポーツ

「春女苑ちがさき」

10月22日号

木版画の個展開催

木版画の個展開催 文化

カフェギャラリー街路樹で

10月22日号

3人の新規感染を確認

新型コロナ

3人の新規感染を確認 社会

10月22日号

クロッシーマルシェ

クロッシーマルシェ 経済

11月4日 幸町で

10月22日号

「#ちがすき」へ投票を

日本地域情報コンテンツ大賞

「#ちがすき」へ投票を 社会

10月26日午後6時まで

10月22日号

ユーモアたっぷり五十三次

ユーモアたっぷり五十三次 文化

藤澤浮世絵館で企画展

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook