茅ヶ崎版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

文教大2学部が移転 4月から学生数半減

教育

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena
湘南キャンパスの中庭(文教大学提供)
湘南キャンパスの中庭(文教大学提供)

 文教大学の湘南キャンパス(近藤研至学長)に設置されている国際学部と経営学部の全学年が、今年4月から新設の東京あだちキャンパス(足立区)へ移転する。湘南キャンパスの学生の定員数は3180人から約半減の1540人となる。

 文教大学は越谷キャンパス(埼玉県)に教育学部、人間科学部、文学部を、湘南キャンパス(市内行谷)に国際学部、経営学部、情報学部、健康栄養学部を持つ、学生数約8400人の総合大学。湘南キャンパスでは4学部合計で3180人の定員を擁し、このうち定員ベースで国際学部と経営学部の1640人が東京あだちキャンパスへ。移転後は湘南、越谷、足立の首都圏1都2県にまたがる3キャンパス体制となる。

 今年4月からは、情報学部(情報システム学科、情報社会学科、メディア表現学科)1140人、健康栄養学部(管理栄養学科)400人、合わせて1540人が湘南キャンパスで新たな春を迎える。

都心回帰などで新拠点を設置

 学部移転を発表したのは2017年。文教大学では学生の都心回帰の進行による競争力の低下、文科省の規制強化による学生定員の抑制、また学生の自宅からの通学志向の上昇などを背景に、学部学科見直しの必要性が提起されていた。しかし、学生数に対して既存のキャンパスが狭くなってきているほか、越谷と湘南の両キャンパスは距離が離れており、連携が難しい状況だったことから、大学の中核的な拠点として新キャンパス開設を計画し、対応を図った。

 文教大学は今後の展望として「培ってきた人材・知識・経験をキャンパスを越えて融合し、”一つの文教”で社会的課題の解決に挑戦し、広く社会の発展に寄与していきたい」としている。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

SDGs意識し公園に植栽

松浪小

SDGs意識し公園に植栽 教育

次年度以降の継続見据え

5月7日号

来年4月からごみ有料化

来年4月からごみ有料化 社会

指定袋の購入が必要に

5月7日号

8日に「天才万博」開催

第一カッターきいろ公園

8日に「天才万博」開催 社会

子どもに夢持つ大切さを

4月30日号

アロハビズ始まる

アロハビズ始まる 社会

市役所で関連展示も

4月30日号

海水浴場開設へ準備

サザンビーチ

海水浴場開設へ準備 社会

海開きは7月中旬目途に

4月23日号

ウイグル人 茅ヶ崎で訴え

ウイグル人 茅ヶ崎で訴え 社会

「命を救わなければ」

4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter