茅ヶ崎版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

4月1日付で湘南地域県政総合センターの所長に就任した 竹村 洋治郎さん 58歳

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena

郷土愛あふれる舵取り役

 ○…平塚警察署のとなりにある県平塚合同庁舎に事務所を構える「湘南地域県政総合センター」を知らない人は少なくないだろう。「そうかもしれません。どんな組織かを説明するのは、私も苦労しますから」

 ○…センターは平塚・茅ヶ崎・藤沢・伊勢原・秦野・大磯・二宮・寒川の5市3町を管轄。事業は、地域観光PRや林道・農道をはじめとするハード面の整備、有事の現地災害対策など多岐にわたる。庁舎1階では県民のよろず相談窓口も開設。法律や暴力などの相談にワンストップで対応し、適切な助言を提供。「やっぱり分かりにくいですよね」と頭をかく。県職員120人の舵取り役は、物腰やわらかい、柔和な笑顔の持ち主だ。

 ○…横須賀に生まれた。幼いころから読書が好きで、特に生物や科学の分野を好んだ。少年時代は近所の海辺に出かけては本で知った微生物の採集に明け暮れた。「郷土愛が湧いたのは海で過ごした日々が大きいと思います。あの情景が今の仕事を志す間接的なきっかけかもしれません」。中学では理科部に在籍。文化祭で10円玉を銀色にするメッキ実験を教員に無断で実演し怒られたエピソードは、今では懐かしい青春のひとコマとなっている。ちなみに高校では生物部で活動。「微生物採集はこのころが全盛期でしたね」

 ○…大学を卒業し、24歳で県採用試験に合格。横須賀や藤沢の土木事務所、大和保健福祉事務所(当時)などこれまでの経験を「財産」と捉える。2年後の定年を前に「色々な現場で幅広い視点や価値観を学びました。私を育ててくれた神奈川に仕事で恩返し」と全力投球を誓う。今も変わらず家族で県内在住。「心から神奈川が好きなんですかね」。笑顔でそうつぶやいた。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

池田 美弥子さん

ギャラリー街路樹で個展を開く日本画家

池田 美弥子さん

矢畑在住 58歳

1月21日号

斉藤 進さん

茅ヶ崎市バリアフリー基本構想推進協議会の会長を務める

斉藤 進さん

秦野市在住 71歳

1月14日号

望月 信史さん

公益社団法人茅ヶ崎青年会議所2022年度理事長に就任した

望月 信史さん

下寺尾在住 38歳

1月1日号

鈴木 善明さん

鳥獣保護管理員を務め、自然保護功労者として神奈川県から表彰された

鈴木 善明さん

堤在住 76歳

12月24日号

大西 裕太さん

「湘南ビジネスコンテスト」でスタートアップ賞を受賞した

大西 裕太さん

元町在住 33歳

12月17日号

遠山 敬史さん

松下政経塾の塾長を務める

遠山 敬史さん

東京都在住 66歳

12月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

ゆかりの人物館

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

開高健記念館でも企画展

10月29日~3月27日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook