茅ヶ崎版 掲載号:2021年6月18日号 エリアトップへ

薬物乱用防止対策 「ダメ。ゼッタイ。」普及運動 6月20日から7月19日まで

社会

掲載号:2021年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 薬物乱用とは、社会のルールからはずれた方法や目的で薬物を使うことです。覚醒剤などの違法薬物は、たとえ一回だけの使用でも乱用になり、同時に犯罪になります。

 また、医薬品は病気や傷の治療に使いますが、こうした目的以外に使えば乱用にあたります。薬物乱用により、情緒不安定、幻覚、妄想、記憶障害、人格変化、肝臓や腎臓などの臓器障害、視力低下、生殖器の機能障害などの症状が現れます。

市の薬物乱用防止対策

 市保健所では、薬物乱用が拡大傾向にある中、薬物乱用の弊害から市民を守るため、茅ヶ崎・寒川地区薬物乱用防止推進地域連絡会を設置し、関係機関や団体等と連携のもと、薬物乱用の防止を図る活動をしています。

普及運動

 薬物乱用問題は、世界の国々が一丸となって取り組むべきことであり、かつ、国民一人一人の認識を高める必要があることから、1987年に国連の「国際麻薬会議」において6月26日を「国際麻薬乱用撲滅デー」とすることが決定されました。

 本運動は、このような背景の下、官民一体となり、国民一人一人の薬物乱用問題に対する認識を高め、併せて、国連決議による「6・26国際麻薬乱用撲滅デー」の周知を図り、内外における薬物乱用防止に資することを目的としています。

 茅ヶ崎市においても、新型コロナの感染防止等の観点から、ポスターの掲示等、非接触型の活動でリスクを抑えながら、一人でも多くの市民の皆さまに正しい情報をお届けするために、同運動を実施してまいります。
 

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

褐炭由来の水素でドローンデモ飛行

新たに80人の感染を確認

新型コロナ

新たに80人の感染を確認 社会

9月24日号

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル

アヒルの「ぼんちゃん」地域のアイドル 社会

高田在住のコールダック

9月24日号

就農10年「安定経営できてる」

就農10年「安定経営できてる」 経済

市内初の新規営農者 石川正人さん

9月24日号

深まる秋に花の便り

「コンテンツ大賞」に参戦

「#ちがすき」

「コンテンツ大賞」に参戦 社会

読者投票9月25日から

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook