茅ヶ崎版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

自転車盗半期調査 被害の2/3が無施錠 茅ケ崎署「鍵かけ徹底を」

社会

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
防犯登録番号をスマホ撮影する自転車利用者
防犯登録番号をスマホ撮影する自転車利用者

 茅ケ崎警察署はこのほど、今年1月から6月末までの犯罪認知件数を発表。総数488件中150件が自転車盗で、そのうち3分の2にあたる100件が無施錠であることがわかった。同署では自転車の鍵かけ徹底を呼びかけている。

 自転車利用者の多い茅ヶ崎において、自転車盗は割合の多い犯罪だ。2011年の発生件数は県内54署中で最多。以降減少傾向ではあるものの、2020年時点で7番目に多い件数(284件)となっている。

 例年自転車盗は、犯罪認知件数全体の3割程度を占める=図表。さらにその大半が無施錠であるとわかっていることから、同署は施錠の徹底を呼び掛けている。

 生活安全課によると、目を離した数分間で盗まれるケースがあるという。また自宅やマンション敷地内でも被害が発生しており、「数分間でも、安心せず鍵をかけてほしい。よりリスクを減らすため、二重ロックもしてもらえれば」と担当者は話す。

二次犯罪の懸念も

 また自転車盗の悪影響として懸念されるのが、乗り捨てによる放置自転車だ。放置自転車が増えることは、他の犯罪に連鎖する恐れがある。

 実際にひったくり犯などは、身元がばれないよう、盗んだ自転車を使うこともある。「二次犯罪につなげないためにも、まず自転車盗を防ぐことは重要」と同署担当者。

登録番号のスマホ撮影を

 自転車盗の防止のため、地域でも活動が行われている。

 茅ヶ崎寒川防犯協会の後藤金蔵会長(75)によると、県下最多だった2011年を機に、地域ぐるみでの自転車盗対策を強化。自転車盗と放置自転車の関連が大きいことから、放置自転車に「至急移動してください」という文言が書かれたシールを貼って注意喚起する、「ステッカー作戦」を各自治会とともに実施してきた。「盗んだ人に対し、地域の目が光っていることを伝える効果を狙った」という。

 さらに後藤会長は、自転車の防犯登録番号をスマートフォンで撮影することを推奨している。

 自転車盗難があった際、この番号を警察に伝えておくことで、手配をかけることができる。一方で番号を記録していない利用者も多いことから、事前に撮影することで備えておくことが重要だという。

 後藤会長は「茅ヶ崎は自転車の街なので、より気持ちよく乗れるよう、地域とともに防犯対策を進めていければ」と呼び掛けている。
 

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

一中生が男女で優勝

全国中学柔道大会

一中生が男女で優勝 スポーツ

ともに最重量級制す

9月17日号

「茅ヶ崎の製糸場」に迫る

「茅ヶ崎の製糸場」に迫る 文化

「丸博友の会」5周年企画

9月17日号

最年少でW杯代表入り

フットサル

最年少でW杯代表入り スポーツ

堤在住・毛利元亮選手

9月10日号

市民参加で郷土史研究

「ゆかりラボ」10月スタート

市民参加で郷土史研究 文化

9月10日号

10月末接種完了目指す

新型コロナワクチン

10月末接種完了目指す 社会

対象年齢を「12歳以上」に

9月3日号

午前中で授業切り上げ

市立小中学校

午前中で授業切り上げ 教育

部活動も原則休止

9月3日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook