茅ヶ崎版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

ギャラリー街路樹で個展を開く日本画家 池田 美弥子さん 矢畑在住 58歳

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena

街並みに惹かれ日本画で

 ○...ギャラリー街路樹で21日(金)から3日間、日本画・水彩画展を開く。平面上に立体を描く「投影図法」を用いた作品が特長で「どこまでも街が続いているように見える」ように描かれた湘南の街並みの風景画が多く展示される。「絵の中を探索したり散歩するように観てほしい」と話す。

 ○...絵画好きな父から影響を受け、展覧会に足を運ぶことが多かった。「少女漫画が好きで漫画家になりたいと思っていた」という高校時代、通っていた絵画教室で転機が訪れた。置いてあった日本画家の麻田鷹司さんの絵を見て、「郷土の特徴や土地の雰囲気を強く感じられる風景画が印象的で、大学ではこの先生に習いたいと思った」。新潟の高校から武蔵野美術大学へ進学し、麻田さんに師事。子どもの頃に商店街で育った経験から街や都市、商店街の景色に惹かれ、描くようになった。

 ○...結婚を機に茅ヶ崎へ。「屋根が明るくてキラキラしている街。包容力や気楽さがあったり開放的な街並みを見て、描きたいと思った」。歩いていて古風な建築の家や窓の形が気になる家を見つけると、ボールペンや絵具でその場でスケッチ。大量にストックしてやっと1枚の絵の制作につながるという。「茅ヶ崎の日光の明るさや街並み、人の気配を明るい色で表現することが私のやりたいこと」と話す。

 ○...作家活動のほか、ラスカ茅ヶ崎で絵画教室を開講したり、鎌倉の中学校で非常勤講師として勤務する。生徒には「自分を表現することが面白い。自由が一番。固定概念を持たず、楽しんでほしい」と話し、「今まで4面の屏風を描いたことはあるが、今後はそれ以上に大きな屛風に延々と街並みを描き続けたい」と自身も制作を楽しんでいる。

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

寒川町在住 74歳

5月20日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

宮坂 義明さん

茅ヶ崎商工会議所青年部(YEG)の今年度会長に就任した

宮坂 義明さん

藤沢市在住 43歳

5月6日号

岡田 嘉則さん

藤沢市にある高齢者施設で、作品展「三人展 春光」を開催している

岡田 嘉則さん

元町在住 68歳

4月29日号

バンティング香さん

23日から始まるギャラリー街路樹の展示に参加する陶芸作家

バンティング香さん

矢畑在住 49歳

4月22日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

寒川町田端在住 54歳

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展

5月21日から8ホテルで

5月21日~5月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook