神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎・寒川版 公開:2023年5月19日 エリアトップへ

2022年度ごみ排出量 前年比14・6%減少 家庭系で有料化の効果

社会

公開:2023年5月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
前年比14・6%減少

 茅ヶ崎市は5月15日、2022年度のごみ排出量(速報値)を発表した。資源物を除くごみ排出量は、4万7933トンとなり、21年度と比較して8205トン(14・6%)減少した。市は「家庭系ごみについては、昨年4月にスタートしたごみ有料化による排出抑制効果が現れている。今後は事業系の減量が課題」としている。

 22年度1年間で排出されたごみのうち、家庭系ごみは3万6767トン。前年度と比較して、9089トン(19・8%)の減少となった。

 一方で事業系ごみについては前年比884トン(8・6%)増の1万1166トン。結果について市資源循環課は「家庭系はごみ有料化による減量が順調に進んでいる。事業系はコロナ禍による休業要請等もあった21年度に比べて、経済活動の回復が背景にあると考えられる」と分析する。

手数料収入は約6億

 ごみ有料化は、10年後の33年に焼却処理施設の設備機器が耐用年数を過ぎることや、焼却灰を埋め立ててきた堤十二天一般廃棄物最終処分場が使用期限を迎えることから、ごみの排出抑制を狙って昨年4月1日から始まった。市は17年度を基準に、34年度には家庭系ごみを25%、事業系ごみを50%減らす目標を掲げている。

 22年度は17年度と比較すると家庭系はすでに20・2%の減となった一方、事業系は8・4%の増。資源循環課は「事業系については今後も分析が必要。生ごみのたい肥化などリサイクルの仕組みを整え、減量を進めたい」とする。

 また、ごみ袋の販売による手数料収入は約6億1000万円の見込み。そのうち手数料などを引いた約3億7400万円が「ごみ減量化資源化基金」に積み立てられ、焼却灰の処理や施設整備のための財源として活用される。

アンケート実施中

 市は5月末まで、有料化や戸別収集に関するアンケート調査を実施している。

 戸別収集はごみを敷地内の道路に面した場所に出し、各戸ごとに収集する方式。排出者が明確になることで適正なごみ出しが進み、減量につながるとされる。

 市は有料化と同時の実施を検討したものの、多額の費用がかかることや市民の間で賛否が拮抗していたことから見送られた経緯がある。

 そのためアンケートは現時点でのニーズを探ることが目的。すでに無作為で抽出された市内在住の満18歳以上の男女3000人に郵送されたほか、市ホームページから回答することもできる。

 詳細は【電話】0467・81・7178同課。

茅ヶ崎・寒川版のトップニュース最新6

地元ゆかり4選手が出場へ

パリ五輪

地元ゆかり4選手が出場へ

メダル有力種目も

7月19日

記念歌碑「海 その愛」設置

茅ヶ崎市岡崎市提携40周年

記念歌碑「海 その愛」設置

加山雄三さん名誉市民も祝い

7月19日

主権者教育推進を明文化

寒川町議会

主権者教育推進を明文化

全国初 議会基本条例に

7月12日

前年比59万人の増加

茅ヶ崎市観光客数

前年比59万人の増加

コロナ禍からの回復顕著に

7月12日

救急で「マイナ保険証」活用

茅ヶ崎市消防本部

救急で「マイナ保険証」活用

搬送迅速化へ実証実験

7月5日

市町交流深化の架け橋に

特別対談

市町交流深化の架け橋に

佐藤光茅ヶ崎市長×木村俊雄寒川町長

7月5日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

茅ヶ崎・寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook