神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎・寒川版 公開:2023年10月13日 エリアトップへ

空き店舗が「共生拠点」に 茅ケ崎駅そば複合ビル2階

社会

公開:2023年10月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
テープカットを行う関係者(上)作品展示の様子
テープカットを行う関係者(上)作品展示の様子

 JR茅ケ崎駅北口そばの複合ビル「茅ヶ崎ショッピングセンター」の2階に10月2日、「共生社会の実現に向けたスペース」がオープンした。空き店舗を活用して市内の支援学校・学級の児童・生徒の作品を展示するほか、イベントなども実施していくという。障害について市民の理解を深めるとともに、地域のにぎわい創出も目指す。

 同ビルは前回の東京五輪が開催された1964年に開業。駅から徒歩5分という立地もあり地域に親しまれてきたが、近年は消費者の生活スタイルの変化やコロナ禍もあり、空き店舗が増加していたという。

 そこでビル内で営業する店舗が加盟する茅ヶ崎ショッピングセンター商店会(宮代泰伸会長)は、神奈川県の「商店街魅力アップ事業」に応募。補助金を活用しながら、ビル2階のスポーツ用品店だった場所に「共生拠点」を開設することを決めた。

 現在は県立茅ケ崎支援学校や梅田小学校の支援学級の児童・生徒によるアート作品を展示しているほか、学校紹介のスペースなども設け、共生に関する情報を発信。今後はイベントも企画していくという。

 10月2日にはオープニングイベントが開催され、佐藤光市長のほか商店街関係者、支援学級の児童らが出席してテープカットが行われた。

 佐藤市長は「多くの市民が、障害や共生社会について知ることができる大切な拠点。末永く活動してほしい」とあいさつ。また茅ケ崎支援学校の柏木雅彦校長は「学校外で作品を展示してもらえる場があると、子どもたちにとっても励みになるのでありがたい。障害のある人も社会の一員だと知ってもらいたい」と話し、同商店会の宮代会長は「ここを訪れた方にはショッピングも楽しんで帰ってもらい、地域のにぎわいにもつなげられたら」と話していた。

茅ヶ崎・寒川版のトップニュース最新6

地元ゆかり4選手が出場へ

パリ五輪

地元ゆかり4選手が出場へ

メダル有力種目も

7月19日

記念歌碑「海 その愛」設置

茅ヶ崎市岡崎市提携40周年

記念歌碑「海 その愛」設置

加山雄三さん名誉市民も祝い

7月19日

主権者教育推進を明文化

寒川町議会

主権者教育推進を明文化

全国初 議会基本条例に

7月12日

前年比59万人の増加

茅ヶ崎市観光客数

前年比59万人の増加

コロナ禍からの回復顕著に

7月12日

救急で「マイナ保険証」活用

茅ヶ崎市消防本部

救急で「マイナ保険証」活用

搬送迅速化へ実証実験

7月5日

市町交流深化の架け橋に

特別対談

市町交流深化の架け橋に

佐藤光茅ヶ崎市長×木村俊雄寒川町長

7月5日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

茅ヶ崎・寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook