神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎版 公開:2024年3月1日 エリアトップへ

市新年度一般会計 過去最大932.3億円に 子ども・子育て支援に注力

社会

公開:2024年3月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

 茅ヶ崎市は2月22日、一般会計の総額が932億3千万円で過去最大規模になる2024年度当初予算案を発表した。佐藤光市長は施政方針で、「(仮称)茅ヶ崎市こども計画」の策定など、子ども・子育て支援に注力していく考えを明らかにした。

 24年度の予算は、一般会計は932億3千万円で前年比16・8%増、3年連続で過去最大となった。特別会計は730億8664万9千円(同3・6%増)、合計で1663億1664万9千円(同10・6%増)。

 予算案は26日に開会した市議会定例会に提案され、同日には佐藤市長による施政方針演説が行われた。

こども計画策定へ

 佐藤市長は施政方針のなかで子ども・子育て支援を重点的施策の第一に掲げ、子どもの社会参画・意見反映について定める「(仮称)茅ヶ崎市こども計画」を策定することを明らかにした。

 また昨年8月、子どもに関する施策を効果的に実施するために策定した「こどまちプロジェクト」の第3弾として、新年度予算に18事業約12億円を計上=左表。具体的には、これまで15歳までだった小児医療費助成の対象年齢を、7月から18歳まで引き上げるための費用として6123万7千円が、また10月から市内6校で中学校給食を実施するための費用として6億8463万7千円がそれぞれ計上された。

 そのほか新規事業としては、心身の健康状態が不安定になりがちな妊娠中や出産後にヘルパーを利用しやすくする事業(1328万5千円)、地域の人が会員となって育児を援助するファミリーサポート事業の利用費助成(563万7千円)、医療的ケア児と家族の支援(478万2千円)などとなっている。

地域経済の活性化

 地域経済の活性化策では、道の駅のオープン(25年7月)に向けて、建設工事や「Choice!CHIGASAKI」拡充など道の駅整備推進(18億1550万7千円)のほか、企業の茅ヶ崎への移転やサテライトオフィス等の設置に対し立地奨励金として補助する設置支援事業(150万円)、市内の中小企業等が事業拡大や新規事業への挑戦を目的にクラウドファンディングによる資金調達を活用した際に、運営事業者に支払う手数料の一部の補助(40万円)も継続事業として組み込まれた。

災害に備えた強靭化

 災害時に避難所となる小中学校への空調や非常用電源設備の設置(28億4901万8千円)、流域の浸水軽減を図る千ノ川整備(14億9833万6千円)ほかが計上された。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

浸水想定いまだ旧基準

津波ハザードマップ

浸水想定いまだ旧基準

相模湾沿い茅ヶ崎市のみ

4月19日

地元の祝福に「幸せだなぁ」

名誉市民加山雄三さん

地元の祝福に「幸せだなぁ」

87歳の誕生日に銅像披露

4月19日

ゼロカーボンへ協定

茅ヶ崎市

ゼロカーボンへ協定

寒川町、東京ガスと締結

4月12日

住宅・商業地上昇率トップ

公示地価

住宅・商業地上昇率トップ

茅ヶ崎市 駅近需要続く

4月12日

避難所3〜7日分を備蓄

災害時トイレ

避難所3〜7日分を備蓄

「自宅避難」は想定外

4月5日

加山さん銅像お披露目へ

加山さん銅像お披露目へ

11日、名誉市民証も贈呈

4月5日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の時代絵巻 盛大に

春の時代絵巻 盛大に 文化茅ヶ崎市

奴頭は田中ことみさん

4月20日~4月21日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook