神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎版 公開:2024年5月17日 エリアトップへ

自転車の安全運転を体験 今年度から全市立小で実施

社会

公開:2024年5月17日

  • X
  • LINE
  • hatena
今宿小で実車体験を前に、児童に指導する市職員=提供
今宿小で実車体験を前に、児童に指導する市職員=提供

 茅ヶ崎市は今年度から、神奈川県警察や関係団体と連携し、市立小学校で行う交通安全教室に実際の自転車を使用したプログラムを導入した。市は今年度中の策定を予定している「第3次ちがさき自転車プラン」の中でも「利用ルールの徹底」を掲げており、マナー向上により事故を減少させていきたい考え。

 市は毎年、交通安全協会(佐藤たゑ子会長)や茅ケ崎警察署(奈良英俊署長)と連携して、市立小学校全校の3年生を対象に、交通安全教室を実施している。

 今宿小学校で5月10日に開催された教室では、同署員が「自転車安全利用五則」についての講話を行った後、児童たちは校庭に描かれた道路を使って、一時停止など交通法規を守った運転を、自転車に乗車して体験した。こうした取り組みは今年度から導入されたもの。交通安全協会の佐藤会長は「教室は1回で終わりでなく、継続的に展開し、家庭での意識啓発にもつなげていけたら」と話す。

 一昨年、市内で発生した自転車が関係する人身事故は140件。全人身交通事故の36%を占めており、県内平均値(25・6%)を大幅に上回っている。市安全対策課長は「茅ヶ崎は地形的な条件から多くの市民が自転車を利用しており、関係する事故の割合も高止まりしている」とする。

 一方で茅ケ崎署の調べでは、昨年4月に「努力義務」となったヘルメットの着用率は、依然として10%を下回っているという。

自転車プラン策定へ

 市は、自転車に関する取り組みを総合的に進めるため「第3次ちがさき自転車プラン」の今年度内策定に向けた作業を進めている。

 プランは地域特性に合った移動手段として自転車の利用を促進し、健康増進や環境負荷の軽減を目指すもの。そのなかでは、利用ルールの徹底など自転車安全教育の拡大も掲げており、今後は小学生が学区内の危険な交差点などに、自分たちがデザインしたステッカーを路面に貼る「オリジナル『自転車止まれ』ステッカー大作戦!」も予定している。

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

馬肉専門販売店

1500円以上お買い上げの方、「タウン見た」でユッケプレゼント

https://rarea.events/event/112428

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

18歳まで拡大へ準備進む

小児医療費助成制度

18歳まで拡大へ準備進む

対象8割超が申請済み

6月14日

子育て支援など3.3億円

一般会計補正予算案

子育て支援など3.3億円

ごみ戸別収集実験費用も

6月14日

遠い「待機児童ゼロ」

市内保育園

遠い「待機児童ゼロ」

定員増も申請は過去最多

6月7日

県のブランド品に登録

湘南ちがさきMILK

県のブランド品に登録

牛乳で初 搾りたての風味

6月7日

サーフィン教室初開催

茅ヶ崎湘南RC

サーフィン教室初開催

小学生対象 競技人口増目指す

6月7日

感震ブレーカー普及へ協定

茅ヶ崎市

感震ブレーカー普及へ協定

住宅メーカーと3社目締結

5月31日

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 11月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook