神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
茅ヶ崎・寒川版 公開:2024年6月21日 エリアトップへ

電子書籍 導入は16自治体 本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

社会

公開:2024年6月21日

  • X
  • LINE
  • hatena
電子書籍 導入は16自治体

 タウンニュース社は神奈川県内の自治体の電子書籍サービスについて調査した。その結果、県内33自治体のうち、16自治体が公立図書館にサービスを導入していることが分かった。来館せずとも貸出が可能など利点がある一方で、予算や契約上の制限など課題もあり、自治体の対応は分かれている。

 電子書籍はデジタル化された出版物をパソコンやスマートフォンなどで読めるもの。高齢化に伴って図書館来館が難しい人などへのサービスとして、広がりを見せる。

 調査は4月下旬から5月上旬に実施。各自治体に4月1日時点の状況を尋ねる質問を送付し、回答を得た。

 現在、サービスを導入しているのは16自治体。政令市や藤沢市など、人口規模が大きい自治体が目立つ。

 導入自治体のうち電子書籍の蔵書数が最も多いのは大和市の2万2710。全蔵書の約3・3%に相当する。

 一方、蔵書数が400万を超える横浜市は1万5570で全蔵書の約0・4%にとどまる。理由について横浜市の担当者は「図書館向けに販売されているコンテンツが少なく、紙の書籍に比べても高額」と説明する。

茅ヶ崎市は「検討中」

 未導入は17自治体。茅ヶ崎市は現在、導入していないものの「検討中」とする。未導入の理由については「紙に比べて価格が高く、作品によっては利用制限や回数制限があること、システムの構築が必要であること」などとする。さらに「複本は入れないと想定されることから、予約が多くなった際には紙よりも時間がかかること」を課題にあげた。

茅ヶ崎・寒川版のトップニュース最新6

地元ゆかり4選手が出場へ

パリ五輪

地元ゆかり4選手が出場へ

メダル有力種目も

7月19日

記念歌碑「海 その愛」設置

茅ヶ崎市岡崎市提携40周年

記念歌碑「海 その愛」設置

加山雄三さん名誉市民も祝い

7月19日

主権者教育推進を明文化

寒川町議会

主権者教育推進を明文化

全国初 議会基本条例に

7月12日

前年比59万人の増加

茅ヶ崎市観光客数

前年比59万人の増加

コロナ禍からの回復顕著に

7月12日

救急で「マイナ保険証」活用

茅ヶ崎市消防本部

救急で「マイナ保険証」活用

搬送迅速化へ実証実験

7月5日

市町交流深化の架け橋に

特別対談

市町交流深化の架け橋に

佐藤光茅ヶ崎市長×木村俊雄寒川町長

7月5日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

茅ヶ崎・寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook