平塚版 掲載号:2011年4月28日号
  • googleplus
  • LINE

日本サーフィン連盟(NSA)湘南西支部の支部長に就任した 柏原 亮介さん 唐ヶ原在住 44歳

サーフィンの魅力 伝えたい

 ○…平塚・大磯・小田原・湯河原で、約200人のサーファーが所属するNSA湘南西支部の支部長に今年就任。大磯町の新聞販売店の社長としての顔を持ち、人脈も広いことから「外渉ごとが多い支部長に適任」と役員から推薦された。支部長の仕事はスポンサー回りとその新規開拓、支部主催大会の準備など。年明けから本業に精を出しながら支部の年間スケジュールの策定、春から秋にかけて行われる大会準備にと忙しい。

 ○…今年で支部創設20周年を迎え、5月15日の記念大会「KUAAINA(クアアイナ)大磯ロングビーチFES(フェス)」を目前に控えている。支部出身のプロサーファー招待試合や、大磯プリンスホテルで大会後に行うアーティストを招いたライブなどもあるという一大イベント。震災を受け、チャリティーイベントとしての意味合いも込めて調整や準備に忙しいが、「盛り上げて成功させたい」と意気込みを語る。

 ○…生まれは東京。「サーフィンのしやすい環境に」と18歳の時に藤沢の鵠沼に引っ越し、15年前に平塚へ。その頃、同支部へ所属する。「サーフィンは空気やご飯と一緒。あってあたりまえのものかな」とサーフィンの魅力を語る。家庭もサーファー一家で、夫人は全日本出場の実力の持ち主だそう。「自然と息子もサーフィンをやっていた。今は就職したばかりで休んでいるけど、支部でトップクラスの選手だったんだよ」。嬉しそうに”親父の顔”を覗かせる。

 ○…同支部はここ数年全国上位の成績を残し、一昨年には平塚から10数年ぶりのプロ選手も輩出している。しかし、高校生くらいになると趣味の幅が広がり、一時的に止めてしまう選手が多いそうで、「本来主力になる若い力をいかに繋ぎ止めるかが課題」と話す。「サーフィンはとにかく楽しいんですよ。その魅力を伝えたい」。白い歯を覗かせ、今日一番の笑顔を見せた。
 

平塚版の人物風土記最新6件

大谷 晋平さん

2月17日付で平塚八幡宮神輿会の会長に就任した

大谷 晋平さん

3月15日号

山本 彩加さん

2017年度公認会計士試験を全国最年少で合格した

山本 彩加さん

3月8日号

清田 宰宏さん

須賀史談会の会長として地域の歴史と今を記録する

清田 宰宏さん

3月1日号

岩崎 稔さん

自由民権結社の湘南社を研究し「鈴木房五郎」の論文を平塚市博物館に寄稿した

岩崎 稔さん

2月22日号

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月15日号

中根 瞳さん

「湘南ストロベリーマルシェ」の実行委員長を務める

中根 瞳さん

2月8日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク