平塚版 掲載号:2011年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

プロ野球ドラフト 南原在住古村徹さん 横浜が指名 東海大 菅野投手には大報道陣

スポーツ

渡辺監督(前列右)と握手を交わす古村徹投手
渡辺監督(前列右)と握手を交わす古村徹投手

 プロ野球ドラフト会議が10月27日に行われ、南原在住で県立茅ヶ崎西浜高校の古村徹さん(18)が、横浜ベイスターズから8位指名を受けた。一方、東海大湘南キャンパスでは、菅野智之さん(22)の行方に全国の注目が集まった。

 古村さんは中原中学出身の投手。県内屈指の左腕で、最速140Kmの速球とスライダー、カーブ、チェンジアップを操る。高2の春夏県大会でチームをベスト16に導いた。古村さんは「指名されると思ってなかったけど嬉しい。でも普通ですね」と、指名の瞬間を独特の言い回しで振り返った。西浜高の渡辺晃監督は「ある意味とことんやっていない部分があり、伸びしろがまだまだある」と評する。母の幸子さんは「困難から逃げずに頑張って欲しい」と期待を寄せていた。

 一方、東海大湘南校舎の記者会見場にはマスコミ29社52人が詰めかけた。同大学によると「ここ数年では一番大きな規模だった」という。ドラフトでは、日本ハムからまさかの指名。菅野選手は「まだ学生日本一という目標がある。まずはそちらを優先して頑張っていきたい。(進路は)監督や両親と相談して決めたい」と話すに留めている。
 

会見に臨む菅野選手
会見に臨む菅野選手

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛騨高山の食つどう

飛騨高山の食つどう

22日から友好都市物産展

3月22日~3月26日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク