平塚版 掲載号:2015年2月26日号
  • googleplus
  • LINE

旭小 シンボルの楠 後世に 樹齢150年 児童らが広場整備

教育

手づくりの広場の前で笑顔を見せる児童を青々と茂る楠が見守る
手づくりの広場の前で笑顔を見せる児童を青々と茂る楠が見守る
 旭小学校(河内307・宇野雄子校長)正門横の楠(くすのき)は、樹齢150〜180年と推定される同校のシンボルだ。木を後世に引き継いでいこうと、児童らの手により「くすのき広場」が整備され、2月24日、関係者を招いて完成記念式典が開かれた。

 旭小学校は、1901年に山背小学校と公所小学校が合併し、現在地に開校。楠は開校当時に植樹され、県知事から贈呈されたという説や、日露戦争戦勝記念として県が寄贈したという記録など諸説あるという。73年に校舎建て替えに伴い現在の場所に移植。高さ約15m、幹周3・5mまで成長している。

 校歌の歌詞や児童会の名称などに取り入れられ、学校のシンボルとして扱われてきた楠。しかし近年、木は隣接する飼育小屋のフェンスで囲われ、更に飼育小屋が使用されなくなったことで、児童らが近付かなくなっていた。

 そこで昨年4月、同校児童会くすのき委員会が「楠には2百年先も子ども達を見守ってほしい」と「くすのき再生プロジェクト」を発足。公益財団法人かながわトラストみどり財団を通じ、公益財団法人国土緑化推進機構が行う、学校環境緑化モデル事業に認定。株式会社ローソンが店頭で集めた募金からの寄付金が活用され、「緑と水の森林ファンド」事業助成金50万円の交付を受けた。

 8月、樹木医に健康診断を依頼した結果、木の状態はおおむね良好も、土の乾燥などが見られ、土壌環境改善が必要と判明した。

 フェンスの撤去、手作りのウッドチップや集めた落ち葉を使用しての土壌整備、周囲の花壇作りなどに児童が取組み、完成した広場は「くすのき広場」と名付けられた。

 24日に行われた式典にはかながわトラストみどり財団など関係者が招かれ、くすのき委員会委員長の沼田翔くん(6年)は「自慢の広場になった。様々な方の協力がなければ出来なかったこと。在校生達に引き継いでいきたい」と挨拶した。

暑中お見舞い申し上げます

奉仕の意志ある女性たちが活躍

国際ソロプチミスト平塚は来年40周年を迎えます。

https://www.townnews.co.jp/0605/2018/07/12/440092.html

レオスイミングスクール

夏の短期水泳教室開催!期間中に入会で受講料キャッシュバック+入会特典あり

http://www.leoswim.com/

平塚市商店街連合会

市内33商店街が団結し、消費活性の中核となって「明日の平塚」を拓いていきます

http://hiratsuka-shoren.com/

湘南スターモール商店街

七夕の街の商店街。毎月第3土曜「まちかどマルシェ」も開催中です。

http://shonan-starmall.com/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

平塚版のトップニュース最新6件

ドラコン世界大会へ

市内在勤近藤さん

ドラコン世界大会へ

7月26日号

記録的猛暑 熱中症相次ぐ

新文化センター整備基準公表

見附台周辺整備

新文化センター整備基準公表

7月19日号

浜大門通り新光会に改称

返礼品用意し2100万円

ふるさと納税

返礼品用意し2100万円

7月12日号

「赤い惑星」に迫る特別展

市博物館

「赤い惑星」に迫る特別展

7月12日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク