平塚版 掲載号:2015年5月21日号
  • googleplus
  • LINE

平塚の地層と箱根山 大磯丘陵形作った火山灰

社会

箱根山の火山灰が縞模様状に積もった地層(土屋で撮影)
箱根山の火山灰が縞模様状に積もった地層(土屋で撮影)
 神奈川県と静岡県の県境に位置する火山体「箱根山」。相次ぐ火山性地震が観測され、今月6日には噴火警戒レベルが2へ引き上げられるなど、その動向に注目が集まっている。地質学的な見地から箱根山と平塚市の関係を調査している平塚市博物館に話を聞いた。

 平塚市の地形は大まかに分け、東側の「相模平野」と西側の「西部丘陵」から成り立つ。西部丘陵は通称で、大磯町、二宮町、中井町を中心に、秦野市、小田原市などの一部を含む大磯丘陵の西側部分を指している。

 この大磯丘陵の地層の70%を占めるのが、箱根火山の火山灰だ。

 箱根山は約40万年前に活動を開始した。地質学的な調査では、大磯丘陵は約40万年前から6万年前にかけ、繰り返し発生した箱根山の火山活動により積もった火山灰で大部分が形作られたという。

 大磯丘陵における箱根火山灰の地層は20mほど掘り下げると確認することができ、市内では土屋、根坂間などで、特徴的な黄色・白・黒と縞模様状になった地層が見られるという。

 「歴史的資料には、箱根の噴火による平塚への被害は記録されていません」と同館学芸員。最も近年に発生した箱根山の噴火で、平塚に火山灰などの影響があったものは、約3100年前の通称「神山山崩れ」と呼ばれる縄文時代の噴火とされる。

「噴火による平塚の地形への影響はない」

 同館学芸員によると、現在箱根山で起きていると推測されるのは、神山山崩れと同じ水蒸気爆発と呼ばれる種類の噴火だ。神山山崩れの影響で早川がせき止められ、現在の芦ノ湖を形作ったという。噴火などの影響で土に埋まり化石状態となった木を「神代杉」と総称するが、同館の駐車場には神山山崩れによるとされる神代杉が展示されている。

 現在の箱根山の火山活動について同館は「実際大規模の噴火があるかどうかは別として、もし噴火したとしても、現在は200m級の山が周囲にあるため、かつてのように平塚の地形が変わることはないだろう」と推測する。また「地質からは歴史資料では遡れない歴史が分かる。地域の事を知る大切な切り口の一つとして、興味を持ってもらえれば」と話した。

同館駐車場にある箱根町仙石原で見つかった神代杉
同館駐車場にある箱根町仙石原で見つかった神代杉

暑中お見舞い申し上げます

奉仕の意志ある女性たちが活躍

国際ソロプチミスト平塚は来年40周年を迎えます。

https://www.townnews.co.jp/0605/2018/07/12/440092.html

レオスイミングスクール

夏の短期水泳教室開催!期間中に入会で受講料キャッシュバック+入会特典あり

http://www.leoswim.com/

平塚市商店街連合会

市内33商店街が団結し、消費活性の中核となって「明日の平塚」を拓いていきます

http://hiratsuka-shoren.com/

湘南スターモール商店街

七夕の街の商店街。毎月第3土曜「まちかどマルシェ」も開催中です。

http://shonan-starmall.com/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク