平塚版 掲載号:2016年3月3日号
  • googleplus
  • LINE

ソロアルバム「hue」を2日にリリースしたバイオリニスト 江藤 有希(ゆき)さん 市内在住 44歳

バイオリンで奏でる色彩

 ○…ファーストアルバム『hue(ヒュー)』は、英語で「色彩」という意味を持つ。「バイオリンは主役として扱われやすいですが、私は人と共演するのが好き」。ギターやチェロとともに、時にはポップ、時にはクラシカルなメロディに乗って音色を奏でる。「歌詞がないからこそ、色んな情景を思い浮かべながら、自由に聴いてほしい」と、自信作を手に笑顔を見せる。

 ○…4歳でバイオリンを始めた。父が東京交響楽団のフルート奏者だったこともあり、クラシックは身近なものだった。音大受験に3回挑戦したが一歩届かず、奏者を引退してフルート修理店を営んでいた父の元で7年間働いた。「28歳の時、義務感で修理職人をやっているようにしか見えないと父に言われてハッとした。バイオリンへの未練のようなものに気づいていたのかも」。音楽の道を模索し、バイオリン講師を務めながらライブなどに参加。次第に演奏家としての活動を広げていった。

 ○…「クラシックとは違う、おしゃべりするように奏でるところに惹かれた」と、ブラジルの伝統的な演奏スタイル「ショーロ」のバイオリン奏者としても活動する。2004年には「本場の演奏が聴きたい」と2カ月間ブラジルへ。「偶然現地ミュージシャンのライブに飛び入り参加させてもらった」と運命的な出会いを振り返り、目を輝かせる。「楽譜もなく『周りの音を聴きながら弾け!』と言われたのもいい思い出です」。観客の熱い拍手が未だに忘れられない。

 ○…出身は東京都三鷹市。2年前、結婚を機に夫の地元の平塚に移り住んだ。「地場野菜がスーパーで買えるところと、キヌヒカリの小粒な感じが好き」とはにかむ。アルバムに同封されているブックレットの写真は袖ヶ浜で撮影した。「収録曲は平塚で作られたものばかり。今住んでいる場所で撮りたかった」と、自然豊かな平塚で音色は輝きを増している。

平塚版の人物風土記最新6件

松元 しのぶさん

平塚逸品研究会の会長に就任した

松元 しのぶさん

4月5日号

大矢野 亜裕美さん

ともしびショップ湘南平の喫茶部門「湘南リトルツリー」を運営する

大矢野 亜裕美さん

3月22日号

大谷 晋平さん

2月17日付で平塚八幡宮神輿会の会長に就任した

大谷 晋平さん

3月15日号

山本 彩加さん

2017年度公認会計士試験を全国最年少で合格した

山本 彩加さん

3月8日号

清田 宰宏さん

須賀史談会の会長として地域の歴史と今を記録する

清田 宰宏さん

3月1日号

岩崎 稔さん

自由民権結社の湘南社を研究し「鈴木房五郎」の論文を平塚市博物館に寄稿した

岩崎 稔さん

2月22日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク