平塚版 掲載号:2016年8月18日号
  • googleplus
  • LINE

姉弟で全国3位掴む 少年少女レスリング選手権

スポーツ

銅メダルに笑顔の長谷川姉弟
銅メダルに笑顔の長谷川姉弟
 第33回全国少年少女レスリング選手権大会が7月2日〜24日、国立代々木競技場第一体育館で行われ、八幡小学校に通う長谷川知里さん(6年)と、太一くん(3年)の姉弟が、女子の部6年生45kg級、小学3年生22kg級で、それぞれ3位に入賞した。

 2人は、東京五輪金メダリストの市口政光さんが代表を務める「東海ジュニアレスリングクラブ」に所属している。「ウルトラマンのように強くなりたい」と、3年ほど前から太一くんがレスリングを始め、それを見学していた知里さんも、気づけば競技の道へ進んでいたという。

 競技歴約1年半で全国3位の成績を収めた知里さんは、「メダルはコーチやクラブの仲間のおかげで獲れました。最初に点数を取られても諦めずに試合に臨めたのが良かったです」と振り返った。

 銅メダルを獲得するのは今回で3回目だという太一くんは、「どうやったらメダルの色をもっといい色にできるのか考える。クラブのみんなはライバルなので、一緒にがんばりたい」と元気いっぱいに抱負を語っていた。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク