平塚版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

知的障害者の「成年後見」知って 親が立ち上げたNPOが講座

社会

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena

 知的障害者の子を持つ家族らが親亡き後の不安を解消するため、本人や家族にとって望ましい成年後見制度の在り方を考え、実際に後見を請け負っている特定非営利活動法人「NPO成年後見湘南」(成瀬富子代表理事=人物風土記で紹介)が10月22日(土)、成年後見活動について紹介する講座をひらつか市民活動センター(八重咲町)で開く。

 同制度は、裁判所から選任された後見人が、認知症高齢者や知的障害者といった判断能力が十分でない人の財産管理や身上監護(本人の状況把握や介護サービスの契約など)を代行する仕組み。後見人は親族をはじめ、第三者では弁護士や司法書士、社会福祉士らが請け負うケースが多い。

 同法人は2003年、同制度の勉強会を開いていた市内福祉施設の保護者会の有志が設立した。知的障害者の後見は両親が亡くなってから長期にわたって必要となり、障害について理解ある人に我が子を託したいという思いがあったからだ。

 横浜家裁から05年に成年後見人として初選任され、現在は19人のメンバーが知的障害者22人の後見を担当。親亡き後の不安を解消する受け皿になるべく、本人や家族の望む身上監護を重視した後見活動を展開している。全国的にも珍しい事例だという。

 当日の講座は、メンバーが高齢化する中、成年後見を続けるための人材を増やしたい同法人が、制度の基礎知識や仕事のやりがいなどを紹介し、広く関心を持ってもらうために開講する。時間は午前10時〜正午で参加無料。「興味のある方や一緒に活動してみたい方もお気軽に参加ください」としている。

 参加希望者は同法人【電話】0463・22・7621(月・木曜日午前10時〜午後2時)又は【メール】kokenshonan@yahoo.co.jpへ。先着30人。

平塚版のローカルニュース最新6

手話ダンス広がれ

手話ダンス広がれ 文化

北村さん レッスンツアー

5月7日号

プペルバスがやってくる

プペルバスがやってくる 文化

9日 平塚湘南海岸公園

5月7日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

5月7日号

姿勢改善で健康に

健康講座

姿勢改善で健康に 文化

5月12日・26日 商工会議所内で

5月7日号

小学校に「安心」を

小学校に「安心」を 社会

塗装業者が除菌で奉仕

5月7日号

横浜で植物画展

横浜で植物画展 文化

平塚在住松本さん

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter