平塚版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

平塚農業平塚商業 文化財出土で統合延期 開校は2020年4月に

教育

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena
土器などが出土したテニスコート
土器などが出土したテニスコート

 2019年度の平塚農業高校・平塚商業高校の再編・統合が1年延期され、新校は20年4月に開校する。先月27日に県が発表した。新校舎が建設される農業高の敷地内で土器や遺構が出土したことが原因。これに伴い商業高定時制の高浜高校への移行も1年延期となった。

 農業高の施設を活用する新校(校名未定)の開校は当初19年4月だったが、今年9月の試掘調査で同校のテニスコートから3〜16世紀の土器や遺構が出土。県は埋蔵文化財が密集していると判断、調査のため開校を遅らせることにした。

 試掘調査が行われたのは商業教育棟と呼ばれる校舎の建設候補地。県によると新校では農業と商業の専門性を生かし、時代に即したカリキュラムを展開する。地域農業の活性化につなげようと、生産・加工・流通を一手に担い農家の収益を上げる仕組みとして注目される「農業の六次産業化」などが学べる。

 一方、商業高の定時制が移行する高浜高について、県は校名変更も含め検討中。商業高の跡地利用については未定だ。

 生徒数の減少を受け、県では学校数を段階的に減らす「県立高校改革実施計画」を進めている。16年度からの4年間で農業高と商業高全日制の統合をはじめ、10校1分校の再編・統合を予定。これにより県立高校は138校となる。県によると、今後27年度までの12年間で20〜30校を削減していく方針。

 これまで平塚市内の県立高校では2度の再編・統合があったが、予定の延期は今回が初めて。一連の事態を受けて平塚市の吉野雅裕教育長は「当初の統合計画によって進路学習をしていた現中学1年生に対して不利益が生じないよう、高校や県教委とも連携しながら各校に進路指導上の注意などをあらためて周知していきたい」と話している。

平塚版のトップニュース最新6

医療従事者へ感謝の灯

平塚市

医療従事者へ感謝の灯 社会

南口噴水をライトアップ

5月28日号

新「吾妻橋」が開通

県道63号金目川

新「吾妻橋」が開通 社会

右折レーンで渋滞解消へ

5月28日号

ウェブで市民対話

龍城ケ丘プール跡地

ウェブで市民対話 政治

コロナで説明会できず

5月21日号

規格外 無駄なく商品化

JA湘南

規格外 無駄なく商品化 文化

農産品の消費拡大目指す

5月21日号

市内にPCR検査場設置

1日10件、対応可能に

市内にPCR検査場設置 社会

5月14日号

「10万円給付」受付スタート

平塚市

「10万円給付」受付スタート 政治

5月下旬から支給へ

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク