平塚版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

(PR)

60歳以上の約半数が抱える悩み 医療レポート 「腰痛は現代病」 取材協力/伊勢原協同病院

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena
野尻第一整形外科診療部長
野尻第一整形外科診療部長

 多くの現代人が抱える悩みのひとつ『腰痛』―。60歳以上になると約半数の方が腰痛を患っていると言われている。そんな現代病について、地域の中核病院として活動する伊勢原協同病院(井上元保病院長)の野尻賢哉第一整形外科診療部長に話を聞いた。

 「腰痛で外来に受診される方で多いのが急性腰痛症(ぎっくり腰など)や脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、圧迫骨折になります。また高齢の方も多い」と野尻医師。腰痛の多くは、軽度な症状で「保存療法」と呼ばれる、飲み薬や湿布、コルセットで改善するという。しかし、若年層の椎間板ヘルニア・高齢層の圧迫骨折・脊柱管狭窄症は手術が必要になることもある。

 特に高齢者に多い脊柱管狭窄症は、国内で240万人以上が罹患。歩くと痺れや痛みが強くなり、休むと楽になる「間欠跛行(かんけつはこう)」といわれる症状が特徴。「姿勢により症状が悪化するので、後ろに反ると症状が強くなる方は注意が必要です。また家事で長時間立っていることが辛いという方も多い」と野尻医師は話す。

 腰痛の予防法としては、「まず第一に腰に負担のかかる姿勢をしないこと。禁煙や減量、腹筋・背筋の筋力トレーニングなどの適度な運動も効果的ですが、強い痛みがあるときの運動は逆効果です」と野尻医師。

 同院では、脊柱脊髄に関する専門医が在籍。高齢者の腰痛に関する骨粗鬆症検査をはじめ、背骨に関する外来も設置している。「腰痛が発生してから3カ月以上改善しない場合は検査を受けることをお勧めします」と話す。

伊勢原協同病院

伊勢原市田中345

TEL:0463-94-2111

http://www.iseharahp.com

平塚版のピックアップ(PR)最新6

症状の改善を見込める「万能整体法」

気流院 湘南の風

症状の改善を見込める「万能整体法」

タウン読者限定 初診料サービス

4月15日号

工場建築「システム構法」の利点

施主に聞く

工場建築「システム構法」の利点

(株)門倉組新ブランド「ワイズ」

4月15日号

「窓」一筋で創業50年

「窓」一筋で創業50年

これからも「家」のことなら小林建窓

4月15日号

マスク越しでも会話スッキリ

マスク越しでも会話スッキリ

「きこえ何でも相談」受付中(要予約)

4月8日号

納得の査定をお約束

新規オープン

納得の査定をお約束

おたからや西八幡店

4月8日号

「HACCP」対応 全面サポート

「HACCP」対応 全面サポート

(株)門倉組が専門ブランド設立

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter