平塚版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

ディベート地区大会 平塚中等が「甲子園」へ 4月結成の急造チームが快挙

教育

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena
(前列右から)齊山天彪君、大江朝日君、益尾広大君、(後列右から)藤井遥香さん、西村真琴さん、深山遥さん
(前列右から)齊山天彪君、大江朝日君、益尾広大君、(後列右から)藤井遥香さん、西村真琴さん、深山遥さん

 一つのテーマについて肯定派と否定派に分かれて議論を戦わせる「関東甲信越地区中学・高校ディベート選手権」が先月18日と7月16日に千葉大学などで開かれた。24校が出場した中学の部では平塚中等教育学校が5位に入賞、8月5日〜7日に立教大学(東京都豊島区)で開催される全国大会「第22回ディベート甲子園」に初出場する。

 地区大会の論題は「日本は小売店の深夜営業を禁止すべきである。是か非か」。対戦直前まで肯定派、否定派のどちらに立つかが分からないため、出場校は事前に双方の立場から戦略を練って試合に臨んだ。

 試合は発表の大筋にあたる立論、相手の立論に対する質疑、相手の立論にひそむ矛盾点などを指摘する反ばくと見どころは多く、3人のジャッジのもと熱い論戦が繰り広げられた。

 平塚中等教育学校は3年生160人から選抜された6人で大会に臨んだ。今年4月に結成された急造チームだが、リーダーの大江朝日君を中心にインターネットや図書館を活用しながら市況や新聞報道、経済誌などを徹底リサーチ。

 否定派に立った際には「利益の低下による失業、雇用問題」「防犯機能の低下」などを掲げ、相手の反ばくを寄せ付けない論戦を展開した。「審判の顔をよく見て笑顔で聞こえやすく話した」と西村真琴さんが振り返るように、反復練習で磨き上げた発表時の抑揚や表情も高く評価された。

 上位校の多くをディベート部が占めるなか、3勝1敗の戦績を収め、初出場で甲子園進出を成し遂げた同校。生徒を引率した小島美由紀教諭は「一人ひとりが頑張ったのは分かっていましたが、まさか全国に行くとは」と驚きとともに語り「甲子園でも精一杯やり切って」とエールを送った。

 これに対して6人は「いつか学校にディベート部ができるよう、全国大会でも躍進したいです」と頼もしい表情で口をそろえた。

平塚版のローカルニュース最新6

田植え体験 参加募集

平塚市

田植え体験 参加募集 教育

自然豊かな里山で

4月22日号

新たな感染者は6人

新型コロナ

新たな感染者は6人 社会

平塚市内 13日〜19日

4月22日号

19人が理美容の道へ

19人が理美容の道へ 教育

SBCで入学式

4月22日号

よろず相談窓口を開設

平塚商議所

よろず相談窓口を開設 社会

コロナ禍の事業所を支援

4月22日号

ジャズとクラッシックの融合

タウンニュースホール

ジャズとクラッシックの融合 文化

寺井尚子with中鉢聡

4月22日号

『RareA』に新ページ

『RareA』に新ページ 経済

茅ヶ崎情報「#ちがすき」

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter