平塚版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

中勘助の文学碑 建設へ 有志団体が募金始める

社会

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena
中勘助の写真
中勘助の写真

 「平塚ゆかりの作家 中勘助を知る会」(大藏律子会長)が2月1日から、桃浜公園に勘助の文学碑を建設するための募金活動を始める。180万円を目標に協力を呼びかける。

 小説『銀の匙』の作者として知られる勘助は1924年(大正12年)〜1932年(昭和7年)、現在の浜岳中学校の東側に居を構えた。日記体の随筆『しづかな流』には当時の生活が詩情豊かに書き残されている。詩作は平塚時代が最も多く、191篇にのぼる。

 同会は2013年に発足し、詩集『中さんの散歩道』の発行をはじめ、講演会や文学講座を開催。勘助との縁を掘り起こしてきた。

 文学碑は高さ1m×幅1・3m程度。「しづかに時の過ぎてゆくのをみるのは しづかな流をみるやうにしづかである」という一句を勘助の直筆で刻む。2月28日まで建設費を募り、5月中旬に着工、7月中旬の竣工を目指すという。

 同会は「海岸地区の豊饒な自然を活写した詩がたくさん詠まれていることは平塚の文化遺産のひとつ。末永く存在する文学碑が必要だ」としている。

 募金は個人1口2千円で団体1口5千円〜。問い合わせは同会事務局【電話】0463・31・4691へ。

平塚版のトップニュース最新6

取得済みでもマネー付与

マイナンバーカード

取得済みでもマネー付与 経済

国事業に合わせ市独自策

1月27日号

保護猫飼育が窮地

県動物愛護センター

保護猫飼育が窮地 社会

引取り急増 異例の170匹

1月27日号

新戦力加入で大幅補強

湘南ベルマーレ

新戦力加入で大幅補強 スポーツ

2022シーズン新体制発表

1月20日号

新イチゴ「かなこまち」登場

新イチゴ「かなこまち」登場 社会

市内では収穫体験も

1月20日号

市内3人が金・銀受賞

全国ピアノコンクール

市内3人が金・銀受賞 文化

大会初出場で快挙も

1月13日号

救急件数が増加

平塚市消防

救急件数が増加 社会

人流の復活影響か

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook