平塚版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

中勘助の文学碑 建設へ 有志団体が募金始める

社会

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena
中勘助の写真
中勘助の写真

 「平塚ゆかりの作家 中勘助を知る会」(大藏律子会長)が2月1日から、桃浜公園に勘助の文学碑を建設するための募金活動を始める。180万円を目標に協力を呼びかける。

 小説『銀の匙』の作者として知られる勘助は1924年(大正12年)〜1932年(昭和7年)、現在の浜岳中学校の東側に居を構えた。日記体の随筆『しづかな流』には当時の生活が詩情豊かに書き残されている。詩作は平塚時代が最も多く、191篇にのぼる。

 同会は2013年に発足し、詩集『中さんの散歩道』の発行をはじめ、講演会や文学講座を開催。勘助との縁を掘り起こしてきた。

 文学碑は高さ1m×幅1・3m程度。「しづかに時の過ぎてゆくのをみるのは しづかな流をみるやうにしづかである」という一句を勘助の直筆で刻む。2月28日まで建設費を募り、5月中旬に着工、7月中旬の竣工を目指すという。

 同会は「海岸地区の豊饒な自然を活写した詩がたくさん詠まれていることは平塚の文化遺産のひとつ。末永く存在する文学碑が必要だ」としている。

 募金は個人1口2千円で団体1口5千円〜。問い合わせは同会事務局【電話】0463・31・4691へ。

平塚版のトップニュース最新6

コロナ影響?増加傾向

コロナ影響?増加傾向 社会

平塚署管内の交通事故

10月15日号

砲丸投げで全国へ

砲丸投げで全国へ スポーツ

土沢中の桑原さん

10月15日号

205台増設で待機解消へ

駅南口駐輪場

205台増設で待機解消へ 社会

一時利用は廃止

10月8日号

個性派マスクを募集

個性派マスクを募集 文化

「コロナ禍楽しもう」と企画

10月8日号

行政デジタル化に本腰

平塚市

行政デジタル化に本腰 社会

10月組織改正で新担当

10月1日号

昭和初期の中原を描く

元小学校校長故・佐草さん

昭和初期の中原を描く 文化

「貴重な資料」博物館で展示

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク