平塚版 掲載号:2018年3月8日号
  • LINE
  • hatena

後藤真由美さん日本画展 桜メインに20点展示

文化

大島桜に力強く滝を昇る龍を重ねて描いた「大島桜(瀧)」
大島桜に力強く滝を昇る龍を重ねて描いた「大島桜(瀧)」
 日本画家の後藤真由美さんが西武池袋本店6階(中央B7)アート・ギャラリーで、日本画展―映―を3月13日(火)まで開催している。

 個展は、「徹底的に映像を映す」「心を映す」の意味をテーマに込めて、桜をメインに薔薇や椿、朝顔、菖蒲などの新作20点を展示する。午前10時開場、最終日は午後4時まで。

 後藤さんは平塚市在住、新進気鋭の日本画家として活躍。2013年に行われた第63回湘南ひらつか七夕まつりでは、織り姫に選ばれ、平塚市のPR活動に尽力した。

 個展の開催にあたり後藤さんは「生命力溢れる動植物を表情豊かに描いた作品の世界を楽しんでください」と話している。

 期間中の10日(土)と11日(日)は後藤さんが会場に来場する。詳細は【電話】03・5949・5348まで。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

  • 7月19日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク