平塚版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

地元の一杯 カップラーメンに 「地獄の担担麺」発売へ

社会

店の前で完成した商品を手にする中山社長
店の前で完成した商品を手にする中山社長
 市内ラーメン店「地獄の担担麺天竜」(本店・紅谷町、中山健治社長)の味を再現したカップラーメンが4月23日、「サッポロ一番」で知られるサンヨー食品から発売される。中山社長(46)は「美味しく仕上がった」と喜んでいる。

 商品は「サッポロ一番 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅」(メーカー希望小売価格250円/税別)。23日から順次、全国の主要コンビニエンスストアなどで販売される。

 同店は1999年、中華料理店として紅谷町で創業。胡麻をたっぷりと使った濃厚な担担麺が人気だったことから、2010年に専門店に転換した。辛味の強い唐辛子を使用した「地獄の担担麺」は評判を呼び、今では1日平均200杯以上が売れるほどの人気ぶりだ。

 ライセンス展開にも乗り出し、東京都1号店の「護摩龍」が15年に大久保駅前で開店すると、激辛担担麺としてテレビ番組から取材される機会も増え、知名度を上げた。

 サンヨー食品から商品開発の打診を受けたのは昨年夏ごろ。同社担当者は「売れる要素であるインパクトがあり、店頭で際立つ世界観が表現できると判断した」と語る。

 中山社長によると、同社から提示される商品サンプルの試食を何度となく重ねたという。特にこだわったのは、同店ならではの味の見せ方。「辛い中にも旨みを感じる味の特色を上手く表現してもらった」と満足そう。

 同店は現在、神奈川県と東京都内で8店舗を展開。本店の味を試したいと、都内から市内を訪れる客もいるという。

 中山社長は「個店が頑張れば、平塚のまちにも人が集まると考えてやってきた。カップラーメンで多くの人が食べに来るようになり、まちの賑わい創出につながれば嬉しいですね」と話している。

平塚版のトップニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

原田真二さんらライブ

原田真二さんらライブ

9月29日、平塚八幡宮で

9月29日~9月29日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク