平塚版 掲載号:2018年6月7日号 エリアトップへ

真田神社の神輿改修 7月7日に担ぎ始め

文化

掲載号:2018年6月7日号

  • LINE
  • hatena
3日のお披露目の様子
3日のお披露目の様子

 真田神社(真田1の4の36)の神輿が氏子らの寄付で改修され、3日にお披露目された。神輿は7月7日、8日の真田神社の祭りで担がれる。

 この神輿は、1891年に制作されたもの。43年前にも一度改修しているが、本体の漆塗装や、螺鈿細工、大鳥などの装飾の劣化が進んでおり、担ぎ手からは3年ほど前から再改修の必要があると声があがっていた。

 創立年は不明だが、江戸時代には疫病除けの神を祭る牛頭天王社という名称だった同神社。1876年に真田神社に改称された後も「真田の天王さん」と呼ばれ地域住民に親しまれてきた。

 かつては7月9日が祭礼日だったため、地域住民は祭りまでに田植えを終えることを目指したという。60年ほど前までは、神社と地元の武将・真田与一を祭る「与一堂」(天徳寺内)を結ぶ道に農機具の屋台が並び、与一が喘息を患っていたことに由来して、咳止めとして煎じて飲まれていたホオズキも販売された。

 同社の神輿改修委員会の三留壽一委員長(71)は、「真田地区は新しい住民が増えている。祭りなどの行事を通して、地域交流を生み、次の世代につなげたい」と話していた。

平塚版のローカルニュース最新6

渡部市議に損害賠償請求

早咲きの梅開花

花菜ガーデン

早咲きの梅開花 文化

2月13日号

課題解決活動を表彰

課題解決活動を表彰 社会

14事例を年間大賞に

2月13日号

元気に健脚を披露

元気に健脚を披露 教育

つくし幼稚園で「健康マラソン」

2月13日号

花巻の物産と観光を紹介

花巻の物産と観光を紹介 文化

35周年特別企画でスイーツも

2月13日号

パラ聖火の式典 総合公園で

「湘南スタイル貫く」

「湘南スタイル貫く」 スポーツ

浮嶋監督ら市長表敬

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク