平塚版 掲載号:2018年10月11日号
  • LINE
  • hatena

毒キノコで食中毒 保健所が注意呼びかけ

社会

男性宅で取れたニセショウロ
男性宅で取れたニセショウロ
 平塚保健福祉事務所は5日、60代男性が毒キノコのニセショウロ属のキノコを食べ、食中毒で救急搬送されたと発表した。

 同所によると、男性は2日午後1時ごろ、夫婦2人で大磯町の自宅庭に自生していたキノコをミョウガと炒めて食べたところ、10分後に意識を失い血圧低下などの症状が出た。男性は4日、回復し退院している。

 同所が同じ場所で採取したキノコを調査、また医師から食中毒の届けがあったことからニセショウロ属のキノコだと分かった。夏から秋にかけて公園や森林などに発生し、食用キノコのショウロ、セイヨウショウロ(トリュフ)と外見が似ている。

 同所の担当者は「茎が縦に裂けるキノコは大丈夫、ナスと煮れば毒が消えるなどの迷信を信じず、食用と判別できないキノコは絶対に食べないでほしい」と呼びかけている。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

  • 7月19日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク