平塚版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

学習支援団体 一覧で紹介 リーフレットを発行

教育

大野代表(右)と落合市長
大野代表(右)と落合市長
 経済的理由などで家庭学習が難しい小中高生に無償で学習支援を行う市民団体が連携し情報交換する「ひらつか子ども学習支援ネットワーク」(大野文代表)が11月26日、市役所を訪れ、落合克宏市長にリーフレットの発行を報告した。

 今年11月に結成された同会は「須賀の寺子屋」や「横内プロジェクト」、など5団体と、金田地区や岡崎地区など5町内福祉村が参加する。

 リーフレットは地図上に市民団体の開催場所や連絡先を一覧で紹介。約3万部発行され、協力する平塚ライオンズクラブやボランティアを通じて支援を必要とする家庭に届くようにする。

 大野さんは「学習意欲のある生徒を支え、学校でも配布できるようにしたい」と話している。

 落合市長は「子供の貧困の連鎖を断つために、団体が活動しやすいよう市も下支えしていきたい」とエールを送っていた。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

友好都市・花巻の魅力満載

友好都市・花巻の魅力満載

物産と観光展 21日から

2月21日~2月24日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク