平塚版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

東八幡 老健施設が竣工 リハビリで在宅復帰支援

社会

あいさつする桐山施設長
あいさつする桐山施設長
 市内東八幡にこのほど、介護老人保健施設なでしこの里リハビリひらつかが完成し、11月30日に竣工披露式と内覧会が開かれた。式典には落合克宏市長をはじめ、八幡地区自治会連合会の役員や地域住民が多数出席した。

 同施設は厚木市内で東名厚木病院などを展開する社会医療法人社団三思会(野村直樹理事長)が開設。鉄筋コンクリート造3階建てで、入所定員は100人。2階に一般棟(56人)、3階は認知症専門棟(44人)が入る。

 在宅復帰に力を入れた施設で、機能訓練コーナーやリハビリ庭園なども設けた。家族の介護をサポートするショートステイや通所リハビリ(デイケア)での利用も可能。

 医師で施設長を務める桐山誠一氏は「地域密着で愛される施設をめざしていきたい」と話した。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

  • 7月19日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク