平塚版 掲載号:2018年12月6日号 エリアトップへ

平塚市 見附台開発 事業者を選定 新文化センターなど概要公表

社会

掲載号:2018年12月6日号

  • LINE
  • hatena

 市民センター建て替えを含む「見附台周辺地区整備・管理運営事業(A・Cブロック)」について、平塚市は11月29日、応募のあった2グループの事業者提案を審査した結果、大和情報サービス(株)グループを優先交渉権者に決定したと発表した。

 開発会社の大和情報サービスを代表とする同グループは清水建設や地元の湘南造園、エス・ケイ・ディなどで構成。運営は渋谷ヒカリエホールなどを手掛ける劇場プロデュース会社、シアターワークショップが担当する。

 市公表の提案概要によると、「平塚の人・文化活動で賑わう『みっけホール』」をコンセプトとした新文化センターは、延床約7530平方メートルで1210席の大ホールを設置する。1階多目的ホールは壁が外に開閉する仕組みを取り入れ、屋外の見附台公園と一体的な空間を創出、会議室や音楽練習室なども盛り込んだ。

 運営面は「いつも何かやっている」をテーマに年間通じた事業展開を工夫し、音楽や家族などテーマを設けた4大フェスティバルに取り組む。

 A2地区はカフェや飲食店舗、C地区には生活関連店舗を誘致。駐車場はA2地区内と、C地区店舗屋上に計約200台を確保する見通しだ。

 市は、見附台再開発にPFIに準じた手法を採用、公共施設整備費と20年の運営費をあわせ132億3400万円を上限に事業者を募集していた。

 審査内容や事業費など詳細は12月中に公表、地元説明会も開催し、そこで民意を反映させる意向だ。来年1月に基本契約を締結、2022年3月開館を目指す。

再開発エリアのイメージ
再開発エリアのイメージ

平塚版のトップニュース最新6

学生目線で団地再生

東海大学

学生目線で団地再生 教育

県住宅供給公社と連携協定

1月23日号

「安全対策」を明文化

教育大綱改訂

「安全対策」を明文化 社会

土屋小れき死事故うけ

1月23日号

「情熱」を胸に前進

湘南ベルマーレ

「情熱」を胸に前進 スポーツ

節目の年に決意表明

1月16日号

江戸の暮らし読み解く

江戸の暮らし読み解く 文化

栁川家古文書 博物館で展示

1月16日号

浮嶋体制 新シーズン始動

ベルマーレ

浮嶋体制 新シーズン始動 スポーツ

12日、新春Showでチーム披露

1月9日号

民間事業者を選定

中央図書館

民間事業者を選定 社会

窓口業務を委託へ

1月9日号

ツインまちびらきへ

ツインまちびらきへ 政治

落合市長 2020年の展望語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク