平塚版 掲載号:2019年1月10日号
  • LINE
  • hatena

元盲学校教員松浦恵子さん 「今こそ、福祉の原点に」 『白い杖の先に』を上梓

社会

出版された本を持つ松浦さん
出版された本を持つ松浦さん

 平塚盲学校元教員の松浦恵子さん(中原在住・71)が著書『白い杖の先に』(神奈川新聞社A5・126ページ・1000円税別)をこのほど出版した。

 自身を投影した主人公が38年間の教員生活を振り返り、障がいがありながらも懸命に生きる生徒たちとの触れ合いを描くほか、平塚盲学校の前身にあたる私立中郡盲人学校を設立した秋山博(1863〜1918)の功績を物語調で紡いだ一冊。「福祉の過去と現在を繋ぎ、未来に伝える本にしたい」と松浦さん。

 「今より厳しい差別があった時代によくぞ」と視覚障がい者教育の先駆者だった秋山に興味を持ち、定年退職後も墓がある金目の寂静寺を訪ねるなど取材活動を続けてきたという。そんな中で、3年前に「津久井やまゆり園」で殺傷事件が起こり、ショックを受けた。「障がいがあろうがなかろうが、命を秤にかけることはあってはならない。今こそ、福祉の原点に立ち戻る時」と筆を執った。

 タイトルにもある「白い杖」は、視覚障がい者にとってアイデンティティーの一つだという。「白杖を自分の目として意識したその先に自立がある。そんな思いで歩く人たちと、共に当たり前に生きる社会の実現を目指していきたい」と松浦さん。同書はサクラ書店ほかで販売中。

平塚版のトップニュース最新6件

外国籍就学不明児39人

平塚市

外国籍就学不明児39人

3月14日号

タイトル挑戦権かけ出場

升水翔兵さん

タイトル挑戦権かけ出場

3月14日号

新港に多目的広場を整備

平塚市

新港に多目的広場を整備

3月7日号

総額178万円を過大徴収

平塚市

総額178万円を過大徴収

3月7日号

県議選 無投票の公算高まる

恩師の絵画作品 母校へ

大住中学卒業生

恩師の絵画作品 母校へ

2月28日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月14日号

お問い合わせ

外部リンク